JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス 採用 リンク集
「世界の笑顔のために」プログラムの輸送業務を実施
TOP事業技術協力支援関連事業

 〜 "Smile for All in the World" みんなのやさしさを世界へ 〜

2008年9月3日

(写真)
ウガンダ、カンボジアなどに輸送される物品。ダンボール箱の中身は、軟式野球ボール、鍵盤ハーモニカ、楽譜、ハーモニカなど。

(写真)
ブラジル、パプアニューギニア、ガーナなどに送られる車椅子。医療福祉施設などで活用される。

 「世界の笑顔のために」プログラムは、独立行政法人国際協力機構(JICA)により2003年度に開始されました。このプログラムは、開発途上国で必要とされている教育、福祉、スポーツなどの関連物品を日本国内で年に2回程度募集し、青年海外協力隊など現地で活動中のJICAボランティアを通じて世界各地に届けるものです。日本にいながら気軽に参加できる国際協力として、また、所有者が使わなくなった物を再び世界のどこかで役立てるという再使用(リユース)促進の観点から、毎回多種多様な物品が寄せられており関心の高さがうかがえます。

 現地に輸送する物品は、そろばん、車椅子、各種スポーツ用品、ハーモニカなど実にさまざまです。日本中から集められた物は東京都にある倉庫に一時的に保管され、仕分け、梱包をした後に、世界各地へ輸送されます。

 JICSは、2006年度からこのプログラムの海上輸送手続きを、また、2008年度からは航空輸送手続きも実施しています。JICSでは、みなさんのご好意で提供された物品が、ひとつ残らず無事に現地に到着して活用されることを願い、安全な輸送手段・日程を選び、輸送上のトラブルがないように輸送業者との調整を図りつつ輸送手続きを行っています。

JICA「世界の笑顔のために」プログラムホームページはこちら

お問い合せサイトマップEnglish 文字表示縮小 文字表示標準 文字表示拡大
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved