ワン・ワールド・フェスティバルに参加しました(2016年2月6日、7日)

2016年2月16日

 2016年2月6日(土)、7日(日)に大阪市でワン・ワールド・フェスティバルが開催され、JICSはブースを出展し、NGO説明会には説明団体として参加しました。

 北区民センターのJICSブースには、多くの学生さんが来訪され、「どんな仕事をしている団体ですか?」「学科を問わず採用試験に応募できますか?」などたくさんの質問をいただきました。こちらからはJICSが主に実施している日本の政府開発援助の無償資金協力事業における調達代理業務の説明や、例年、学科を問わず新卒既卒者採用の募集を行っていることなど説明しました。

 また、NGO団体の方が来訪され、数年前にJICS NGO支援事業団体基盤強化費の支援対象となったことで、(人件費がまかなえるようになり、)自分自身が有給スタッフとして採用された、さらに追加でメンバーを採用するため、次回のNGO支援事業の応募を検討中であると話されました。ブース担当がNGO支援事業により採用された方にお会いするのは初めてでしたが、数年前に採用された方が現在も活躍中で団体の活動も順調であるとのお話をとてもうれしく感じました。

 このほか、2月6日の16:00から、関テレ扇町スクエア3階のメビック扇町で開催されたNGO/NPO支援制度説明会では外務省、JICAと共に説明団体として参加しました。JICS NGO支援事業(資金支援)をご紹介し、募集内容や、近年新たに設けた支援枠などについてご説明しました。

(写真)
若手職員が事業内容を説明中
(写真)
NGO/NPO支援制度説明会で
JICS NGO支援事業を紹介しました

(C) Copyright Japan International Cooperation System (JICS) All Rights Reserved.