JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
平成20年度文化無償調査業務を受託
TOP事業無償資金協力関連事業文化無償

2008年7月4日

 2008年年6月2日、JICSは文化無償の調査業務について、外務省と業務委託契約を締結しました。

 対象となる業務は、平成21・22年度一般文化無償資金協力候補案件と平成20年度草の根文化無償資金協力候補案件の事前調査、過去に実施された案件のフォローアップです。被援助国からの要請の妥当性検討(国内業務)から、利用目的に則した機材の選定や裨益効果・自立発展性の確認(現地調査)、効果的なフォローアップの検討(現地調査)まで一貫して関わることになります。

 JICSは、1993年から文化無償資金協力の事前調査を外務省から受託しており、蓄積された豊富な経験・知見、データベース化された技術情報などを駆使し、効果的な協力の実施に資する調査・提案を行っていきます。

(写真)個々の楽器の状況を確認する日本人専門家。楽器の使用頻度は高いが、劇場技術者により適確にメインテナンスが行われていた。

「ウクライナ国シェフチェンコ記念国立オペラ・バレエ劇場に対する音響機材及び楽器整備計画」(平成19年9月フォローアップ調査実施)



(写真)協力が予定されているクムサンバ道場で柔道を学ぶ子供たち。道場を運営する指導者は日本で柔道の稽古に励み、国際指導員の資格を取得している。道場には自身が書した掛け軸をつるし、子供たちに日本語と柔道の心も教えている。

「ザンビア共和国ザンビア柔道連盟に対する柔道機材整備計画」(平成19年11月〜12月事前調査実施)

(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
English サイトマップ お問い合せ 文字表示縮小 文字表示標準 文字表示拡大