JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
イラク人技術者に対する機材トレーニング 文字表示縮小 文字表示標準 文字表示拡大 English お問い合せ サイトマップ
TOP事業無償資金協力関連事業緊急無償

イラク国 緊急無償<平成15年度>

2007年7月4日

 2007年5月12日から6月3日まで、イラク通信省の技術者8名が日本を訪れ、イラク国内の南北1000キロに渡る基幹通信網を既存のアナログ方式からデジタル方式に切り替えるために必要な通信機器の活用、およびメンテナンスのトレーニングが行われました。

 日本政府とイラク通信省により2004年10月13日に決定された緊急無償資金協力により、イラク全土に及ぶ29ヶ所の無線局に必要な通信機器の整備が行われることになっており、JICSはこの案件の中で、イラク通信省との調達監理契約に基づき、入札、資金管理等の案件の実施監理を担当しています。機材はイラク国内に到着し、組み立てられた後、イラク国内の無線局29ヶ所に輸送、設置されることにとなっています。

 トレーニングは、機器の製造元である富士通株式会社および日本電気株式会社(NEC)において行われました。参加した8名のイラク人技術者は、イラク北部モスル、首都バグダッド、そして南部のバスラ市などの主要基地局から派遣された、選りすぐりの技術者で、機材供与後のプロジェクトを支える中心的な人材です。2週間という限られた時間の中で、できる限り多くの技術や知識を吸収しようと、8名全員が真剣な取り組み姿勢でトレーニングを受けました。
 イラク国内の治安は今なお不安定な状況であり、技術者によると、首都バグダッドでは爆破事件や銃撃戦も頻発し、日々の通勤さえもままならないとのことですが、日本の支援に応え、イラクの復興に役立とうとするその目は真剣そのものでした。
 JICSはこういった人々のためにも今後もイラクの復興に向け、プロジェクトのスムーズな実施をサポートしていきます。

(写真)
真剣なまなざしでトレーニングに励む技術者
(写真)
トレーニングに参加したイラク人技術者と
プロジェクト情報
プロジェクト名 イラク国 緊急無償<平成15年度>
政府間決定日 2004年10月13日
供与額 約71億円
調達監理契約 2004年10月13日、イラク国通信省と調達監理契約(調達代理方式)を締結
完了時期 2008年3月頃
プロジェクト概要 戦争などにより分断しているイラク全国の電話回線網の、既存の中継局を利用して、デジタルマイクロ波伝送路への改善リハビリを行う。具体的にはイラク国土を縦断し総延長916kmに点在する29の中継局および交換局に対して、無線装置、アンテナ、多重化端局装置、配線架、電源、保守用測定機器などを供与し、据付を実施するもの。
JICSの役割 本プロジェクトの調達監理機関として進捗管理(入札開催、業者契約なども含む)及び資金管理を実施
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved