JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
スリランカ 子どもたち待望の学び舎、修復工事を開始
TOP事業無償資金協力関連事業ノン・プロジェクト無償
スリランカ民主社会主義共和国 津波災害支援<平成16年度>

2006年1月10日

 スリランカでは、2004年12月26日に発生したインド洋津波被害に対して日本国政府から供与されたノン・プロジェクト無償資金協力により、全13小中学校の再建が進められています。JICSは、この再建プロジェクトの調達監理機関として、施工業者および施工監理のコンサルタントを選定するとともに、進捗監理を行なっています。
 2005年11月15日、カルタラ県スリ・スマンガラ小中学校建設予定地において、出席者総勢1,000名を数える盛大な起工式が行なわれました。この学校は3,000名の生徒を抱え、再建対象13校の中でも最大規模の学校で、起工式にはスリランカのメンディス大統領府上席次官、クーレイ西部州首席大臣、宮原日本国大使館書記官、植嶋独立行政法人国際協力機構(JICA)事務所長、JICSの神保統括プロジェクトマネージャーらが出席しました。参列した同校の校長をはじめ、教職員や生徒からは、再建に対する日本への感謝と大きな期待が寄せられました。
 これに先立ち、6月に着工したハンバントタ州ディーパンカラ校は再建校の第一号で、12月下旬に竣工を迎える予定です。今回のスリ・スマンガラ校が完成する2007年7月までには、全13校が順次、スリランカに引き渡される予定です。

(写真)起工式   (写真)完成予定図  
起工式には宮原日本国大使館書記官(左)、ダヤラトナ・セイロン交通公社総裁(左から2番目)等、多くの要人が出席した   スリ・スマンガラ小中学校完成予定図
(写真)挨拶   (写真)子どもたち  
挨拶するメンディス大統領府上席次官   子どもたちや地元の人々も多数かけつけた
プロジェクト情報
プロジェクト名
スリランカ民主社会主義共和国 津波災害支援<平成16年度>
政府間決定日
2005年1月17日
供与額
80億円(小中学校の再建にはこの一部を活用)
調達監理契約
2005年2月3日、スリランカ財務計画省と調達監理契約(調達代理方式)を締結
納品完了予定
2007年7月予定
プロジェクト概要
津波により甚大な被害を受けたスリランカにおいて、日本国政府が供与したノンプロ資金により、教育環境復旧の一環として小中学校の再建が行なわれている。再建が計画された全13校のうち、8校目としてカルタラ県スリ・スマンガラ学校が着工され、2005年11月15日建設予定地において起工式が行なわれた。この学校は約3千人の生徒を抱え、13校の中で最大規模であり、地域住民の期待は大きい。竣工の予定である2007年7月までには、2005年12月に完成するハンバントタ州のディーパンカラ校をはじめ、13校が全てスリランカ側に引き渡される予定である
JICSの役割
本プロジェクトの調達監理機関として、進捗管理(入札開催、業者契約、納入管理等を含む)および資金管理を実施
調達品目等
小中学校建設
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
文字表示拡大 文字表示標準 文字表示縮小 English サイトマップ お問い合せ