JICS:私たちJICS(ジックス)は日本のODAを中心とする国際協力に関する調達を行う専門機関です
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
「トップページ」へ
「JICSについて」へ
「事業」へ
「調達」へ
「実績」へ
「トピックス」へ
「CSR活動」へ
「採用」へ
「リンク集」へ
  • JICS職員の声
  • JICS早わかり
  • 広報誌など
  • JICS調達用語集
平成20年度JICS NGO支援事業 活動報告・意見交換会を開催
TOPCSR活動JICS NGO支援事業

2008年9月10日

(写真)
挨拶するJICS佐々木理事長

(写真)
各団体から活動報告をうけました

(写真)
休憩時間にも活発な意見交換が行われました

 2008年9月3日、JICS NGO支援事業に関して、平成20年度活動報告会・意見交換会を開催し、平成17年度および18年度に支援対象となったNGOのうちの8団体と有識者、審査委員を含む関係者が参加しました。

 活動報告会では各団体より団体の概要、JICSの支援を受けて実施した事業内容や成果等の報告をしていただきました。発表後には審査委員などから、団体や活動内容に関する質問や指摘があり、現地での活動および効果の持続性や、アカウンタビリティ(説明責任)などについての議論がなされました。

 意見交換会では、「支援活動についての一般市民の意識・理解を深める方法」「現地市民・NGOとの連携について、相手国省庁との対応について」というテーマのもと、それぞれの団体の取り組みや日ごろ苦労していることなどについて話し合われました。「国際協力を行うことによって日本もよくなるというイメージが広がれば参加者も広がるのではないか」「国際協力に参加するかどうかは、いかに一般市民に国際協力を自分の問題としてとらえてもらえるかにかかっている」との意見や、「市民は合理的・理性的に考えて、NGOに寄附するかどうかを決める。まず市民社会への説明責任を果たすことが重要である」といった指摘がなされました。
 JICSでは、今後もNGO支援事業を社会貢献活動の一環と位置づけて、国際協力NGOへの支援を継続していきます。

【参加NGO団体(団体名/支援年度 ※五十音順)】
特定非営利活動法人 アジア日本相互交流センター/平成18年度
特定非営利活動法人 幼い難民を考える会/平成18年度
特定非営利活動法人 カラ=西アフリカ農村自立協力会/平成18年度
特定非営利活動法人 地球市民ACTかながわ/TPAC/平成18年度
特定非営利活動法人 TICO/平成18年度
ミャンマーの医療を支援する会/平成18年度
特定非営利活動法人 ラオスのこども/平成18年度
特定非営利活動法人 開発と未来工房/平成17年度

 
 
お問い合せサイトマップEnglish 文字表示拡大 文字表示標準 文字表示縮小
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved