世界銀行本部 チーフプロキュアメントオフィサー クリストファー・ブラウン氏による世銀新調達制度ワークショップを開催

2017年2月6日

 2017年2月2日(木)、世界銀行本部から同行東京事務所主催の国際会議に出席するため来日したチーフプロキュアメントオフィサー クリストファー・ブラウン氏によるワークショップをJICS本部で開催しました。同氏は、2016年7月に運用が開始された世界銀行の新調達制度を中心となって作り上げた人物で、調達代理機関であるJICSのスタッフが関心を持つ内容を中心にお話をして下さいました。

 同制度とそれに基づく新しいProcurement Standard Documents(PSD)はまだその運用が始まったばかりであり、これから各国、各機関等ステークホルダーからのフィードバックが期待されるところです。

 JICSとしても、新たなVfM(Value for Money)の評価制度を中心に、同制度の動きや同制度が与える世界の調達事情に注目し、いち早く変化や改善をフォローしていきます。

(写真)
ワークショップの様子(1)
(写真)
ワークショップの様子(2)
(写真)
ワークショップの様子(3)
(写真)
JICS幹部と調達について意見交換も行いました。
左より世界銀行池上氏、JICS久保、
ブラウン氏、JICS三嶋、世界銀行大森氏
(C) Copyright Japan International Cooperation System (JICS) All Rights Reserved.