JICS:私たちJICS(ジックス)は日本のODAを中心とする国際協力に関する調達を行う専門機関です
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
「トップページ」へ
「JICSについて」へ
「事業」へ
「調達」へ
「実績」へ
「トピックス」へ
「CSR活動」へ
「採用」へ
「リンク集」へ
  • JICS職員の声
  • JICS早わかり
  • 広報誌など
  • JICS調達用語集
JICSプロジェクト支援事業 現地企業の協力によりパレスチナの学校に保健室用ベッドを贈呈 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOPCSRプロジェクト支援事業

2011年7月26日

(写真)
Beita Boys Schoolにて

 パレスチナで実施してきたコミュニティ開発支援無償「ヨルダン川西岸地区学校建設計画」で学校5校を建設し、2011年2月までにすべてパレスチナ政府に引渡しを完了しました。

 これを受けJICSパレスチナオフィスではプロジェクト支援事業の一環として5校すべてで必要性の高かった保健室簡易ベッドを2011年5月に各校に届けました。

 これらベッドは、パレスチナ国内のAl-Naji Pharmaceuticals & Medical Supplies社から寄付を受けたもので、それをJICSの手配で各校に輸送することとなりました。同社は、去る3月の日本で発生した震災を知り、「日本の地震による惨状に非常に心を痛めており、少しでも日本のため、パレスチナの子供達のために役に立ちたい」として日本の援助でパレスチナの子供達のために建設された学校5校に対してベッドの無償提供の申し出がなされたものです。

 提供されたベッドは立派なもので、各学校で、先生方やJICSスタッフが協力してベッドを組み立てた際には、全員から感激のあまり喜びの声が上がるとともに、学校関係者からは多くの感謝の言葉がありました。

JICSプロジェクトオフィススタッフからのメッセージ:
今回、ベッドを寄付いただいたAl-Naji Pharmaceuticals & Medical Supplies社には、大変感謝しています。パレスチナで業務をしていると、東日本大震災に関連してプロジェクト関係者はもちろん、見知らぬ人から、「日本は大丈夫か?」、「必ず日本は復興すると私達は信じている」など、様々なところで声をかけられます。パレスチナから日本への暖かい気持ちを深く感じています。

パレスチナ コミュニティ開発支援無償 ヨルダン川西岸地区学校建設計画の記事はこちらから

(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved