JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 調達 実績 トピックス スマトラ沖大地震およびインド洋津波被害への支援 イラク復興支援 アフガニスタン復興支援 カンボジア紛争予防・平和構築 パキスタン地震復興支援 オピニオン 採用 リンク集
イラク緊急無償 救急車整備計画 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOPトピックスイラク復興支援

プロジェクトの背景

 2004年当時、イラク保健省では約800台の救急車を所有していましたが、老朽化が進んでいたこと、および、約2,500万人の総人口に対して救急車の絶対数が不足していたため、緊急医療における患者輸送体制が十分とは言い難い状況でした。そのため、イラク保健省では、緊急医療体制の維持のために、救急車3,000台をイラク全土に配置する計画を策定し、不足している2,200台を補充するための支援を要請してきました。これを受け、日本政府は、イラク復興に対する総額15億ドルの無償資金協力から、救急車整備のために約58.3億円の支援を平成17年1月1日に決定しました。

プロジェクトの概要

  • 救急車:700台
  • 修理機材:1式
  • 救急車(追加分として):262台
  • 高規格救急車(追加分として):50台

進捗と期待される効果

 本支援により供与された救急車は、保健省を通して全国の病院に配布され、傷病者の緊急移送や救急医療の改善に貢献しています。
(写真)
供与された救急車(アマラ病院)
(2006年6月)
(写真)
イラク人スタッフへの技術指導(日本にて)
(2006年7月)

関連記事
救急車の引渡し式が開催されました
救急車700台調達完了

(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved