JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 調達 実績 トピックス スマトラ沖大地震およびインド洋津波被害への支援 イラク復興支援 アフガニスタン復興支援 カンボジア紛争予防・平和構築 パキスタン地震復興支援 オピニオン 採用 リンク集
イラク復興支援 イラク北部地域電力局から感謝状をいただきました お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOPトピックスイラク復興支援

2009年10月30日


感謝状を受け取るJICS久保部長

 日本政府によるイラク復興支援の一環として行われている「モスル水力(第一)発電所復旧計画」に関連して、2009年10月21日、JICSにイラク北部地域電力局長のコメントを伝えるために研修員の代表者としてマモーン・アーメッド氏が来訪しました。

 「モスル水力(第一)発電所復旧計画」は、イラク第2の都市モスル市の北西約50キロメートルに位置するイラク最大の水力発電施設の一部を改修するもので、JICSはイラク電力省の代理人としてこのプロジェクトで必要となる機材や設備の納入者の選定、納入管理、資金管理などを実施してきました。
 すでに発電プラントの補修と設備の更新が完了し、現在は追加のスペアパーツの調達と、今回導入した新しい設備の運転・保守のためのトレーニングを実施中です。

 トレーニングの一環として、設備を納入したメーカーが、イラク電力省関係者と発電所のエンジニアあわせて20名を日本に招いて研修を行っており、 今回のJICSへの来訪は、研修員の代表であるマモーン・アーメッド氏がメーカーとコンサルタントの代表者とともにJICSを訪問したものです。
 マモーン・アーメッド氏からはイラク北部地域電力局長からの感謝の言葉が伝えられ、感謝状をいただきました。

 日本の支援による発電設備の更新により、現在の一般家庭約5.2万世帯(約26〜31万人分)への電力供給について、今後の長期にわたる配電が可能となり、地域住民の生活環境の改善につながりました。さらに今回、実地に即したトレーニングを実施したことにより、維持管理が適切に行われ、本プロジェクトの効果が持続することが期待されます。


北部地域電力局からの感謝状。
これまでのイラク北部地域の電力復興への日本政府・国民の支援、
およびJICSの協力に対しての謝意が記されている。


(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved