JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 調達 実績 トピックス スマトラ沖大地震およびインド洋津波災害への支援 イラク復興支援 アフガニスタン復興支援 カンボジア紛争予防・平和構築 パキスタン地震復興支援 オピニオン 採用 リンク集
オピニオン お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOPトピックスオピニオン

地雷除去機の研究開発で除去量が二倍以上に ―カンボジア・研究支援無償
ヘン・ラタナ(カンボジア地雷除去センター(CMAC)長官(2009年1月当時))

(写真)
プッシュタイプ(手前)とスイングタイプ(奥)地雷除去機の基本性能試験の様子

(写真)
トウモロコシの収穫作業

日本の高い技術力

 地雷除去活動は非常に時間がかかる作業です。しかも常に危険をともない、忍耐強く取り組まなければならない作業です。さらに特別な集中力を要し、高い技術も必要です。この地雷除去作業を機械化することにより、とても高い効果が得られました。

 4、5年前、私たちはほぼ同額の資金で現在の半分の量しか除去することができませんでした。しかし、現在では同じ費用で、その頃の2〜3倍の数の地雷を除去することができるようになりました。つまり地雷除去機という新しい技術を導入した今回の支援によって、同じ資金で効果が2倍以上になったのです。日本からの支援とメーカーによる技術開発がなければ、このような成果は得られなかったでしょう。

 カンボジアの地雷除去はまだ長い道のりですが、新しい技術のおかげで、今までよりも迅速、安全に除去作業ができるようになりました。今後、これらの機材は地雷除去活動においてのみならず、カンボジアの発展に大いにプラスの効果になると、私は信じています。

住民の期待を受けて

 地雷が埋まっていた地域には、もともと多くの人が住んでいました。彼らは一刻も早く安全に生活できることを望んでいます。私たちが地雷除去機の運用試験を行った地域では、すでにヤマイモや米、トウモロコシなどが栽培されているところもあります。昨年5月に植えた米やトウモロコシはまもなく収穫することができるでしょう。

 地域の住民と私たちは、この事業により、地雷を迅速に除去することが可能となったことをうれしく思っています。そして、この事業が行われた土地を活用し、安心して農業を行うことができるようになったことをたいへん喜んでいます。

JICSとのパートナーシップ

 JICSは適切にプロジェクトを行う上で、非常に重要なパートナーです。日本政府とCMACが地雷除去に必要な機材を調達する際に、JICSがパートナーとして関わるのは今回で5回目となります。JICSとCMACは、常に政府間が定めた目標達成に全力を尽くしてきました。私たちは単に地雷除去機を購入するのではなく、現地の要件に見合った機材を調達し、プロジェクトを効率的にマネジメントする必要があるのです。

 JICSが持つ経験を考慮すると、地雷除去活動に関する機材調達やマネジメントにおいてJICSほど経験豊かな組織はそうないと思います。JICSのスタッフは管理職から技術者まで幅広い経験を持っています。JICSスタッフは常に専門的な方法でプロジェクトを遂行します。JICSのマネジメント効果によって、私たちは非常に専門的に事業を遂行することが可能となるのです。

(「JICS REPORT」2009年1月号掲載文より)

(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せサイトマップEnglish 文字表示縮小文字表示標準文字表示拡大