JICS:私たちJICS(ジックス)は日本のODAを中心とする国際協力に関する調達を行う専門機関です
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
「トップページ」へ
「JICSについて」へ
「事業」へ
「調達」へ
「実績」へ
「トピックス」へ
「CSR活動」へ
「採用」へ
「リンク集」へ
  • JICS職員の声
  • JICS早わかり
  • 広報誌など
  • JICS調達用語集
平成21年度NGO支援団体
TOPCSR活動JICS NGO支援事業
<五十音順>
団体名をクリックすると、各団体のホームページが開きます。
団体名 対象国 支援事業内容 支援金額
(特活)アマニ・ヤ・アフリカ ケニア ケニアのスラムの住民に対して、洋裁技術の訓練とエコバッグ普及プロジェクトを行い、住民の経済的自立に向けた支援を行う。 資機材の購入費/輸送費、プロジェクト運営費、団体運営費
1,000,000円
(特活)AMURT Japan ニジェール ニジェールの女性の乾季野菜栽培に対する支援を行う。余剰作物の効率的な販売等により収益を向上させる指導も行う。あわせて子どもたちの栄養改善のための研修も実施する。 資機材の購入費/輸送費、プロジェクト運営費
910,620円
(特活)ACE インド・ガーナ等 団体の取り組みや社会への提言、啓発を目的として発行しているメールマガジン送付システムを改善し、支援者の拡大を目指す。 団体基盤強化費
994,700円
(特活)沖縄NGOセンター 日本 組織基盤強化のためのデータベースを構築し、県内NGO向けの人材育成講座を開催する。広報活動、資金調達を含む活動全般を向上させる。 資機材の購入費、プロジェクト運営費、団体運営費、団体基盤強化費
1,000,000円
(特活)関西NGO協議会 日本 複数NGOの協同キャンペーンを開催する。NGO職員のマーケティングなどのキャパシティビルディングの向上、協賛・協力企業とのつながり獲得を目指す。 プロジェクト運営費
1,000,000円
(特活)国際インフラ調査会 ミャンマー等 ミャンマーにおける日本の道路舗装技術の歴史を紹介した技術図書の翻訳を行う。途上国からの参加者に翻訳した図書を配布することにより、途上国のインフラ整備に関する技術向上を目指す。 資機材の購入費/輸送費、プロジェクト運営費、団体運営費
720,700円
スタディツアー研究会 日本 スタディツアーを行っているNGO約50〜100団体の共同サイトの立ち上げ、スタディツアーの周知に努める。また、ツアー担当者対象の研修を行い、ツアのー企画力や実践力を高める。
立ち上げたサイトはこちら
プロジェクト運営費、団体運営費
1,000,000円
(特活)ソルト・パヤタス フィリピン 報告書やニュースレターの発送等の広報活動全般の効率化のためにスタッフを拡充する。また、フェアトレード販売用サイトやパンフレット等の改訂を行う。 団体基盤強化費
1,000,000円
(特活)チェルノブイリ救援・中部 ウクライナ 放射能汚染土壌の浄化を目的としたナタネ栽培を行う。また、効果測定のための化学分析、専門家派遣も実施する。 資機材の購入費/輸送費、プロジェクト運営費
1,000,000円
(特活)日本カンボジア交流協会 カンボジア 職業訓練センター卒業生向けの道工具の支給支援を行う。センターで身に付けた技術を活かした社会復帰、自立を支援する。 資機材の購入費/輸送費
600,000円
(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン フィリピン等 ホームページの改善、携帯電話専用サイトの開設などを行い、広報の強化を図る。 団体基盤強化費
1,000,000円
 
文字表示拡大 文字表示標準 文字表示縮小 お問い合せ サイトマップ English
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved