JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 調達 実績 トピックス スマトラ沖大地震およびインド洋津波被害への支援 イラク復興支援 アフガニスタン復興支援 カンボジア紛争予防・平和構築 パキスタン地震復興支援 オピニオン 採用 リンク集
イラク緊急無償 サマーワ大型発電所建設計画 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOPトピックスイラク復興支援

プロジェクトの背景

 イラクでは電力供給の改善が喫緊の課題となっています。日本のイラク復興支援の重点地域であるサマーワ市を含むムサンナー県でも、200メガワットの電力需要があるにもかかわらず、2004年当時、県内には発電所がなく他県からの電力供給に依存していました。しかし、県外から供給される電力は1日当たり40〜50メガワットに過ぎず、日に10〜14時間の停電が恒常的に発生していました。このような状況を受け、イラク電力省は日本政府に対して、サマーワの製油所から生産される重油を燃料として、60メガワットを出力するディーゼル発電所をムサンナー県の内に建設するための支援を要請してきました。
日本政府は、ムサンナー県の厳しい電力事情を踏まえて、総額で約127億円の緊急無償資金協力を2005年7月に決定しました。

プロジェクトの概要

  • 総出力60メガワット(ディーゼルエンジン15メガワット×4基、エンジンタイプ:4ストローク、燃料:重油)の発電所の建設
  • 既設サマーワ製油所から発電所までの燃料パイプライン(約6.5km)の布設
  • 発電所の運転・保守のための初期トレーニングの実施

進捗と期待される効果

 この発電所が建設されたことにより、主にムサンナー県の一般家庭のうち約2万世帯(人口約10〜12万人)に対する安定した配電が可能となり、生活環境が改善されました。
(写真)
発電建屋
(2008年5月)
(写真)
燃料タンクヤードからの発電所全景
(2008年5月)

(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved