JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ASEAN/ASEF 新型インフルエンザの脅威に備える「PanStop Exercise(ベトナム)」への参加 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業国際機関等の案件

2013年3月28日

(写真)
ベトナム保健省にて行われた演習の様子

(写真)
WHOベトナム事務所と保健省の真剣な議論

 アジアは、パンデミック※1を引き起こす可能性が高い新興感染症の中心地域と言われており、その新興感染症の1つが高病原性鳥インフルエンザ(H5N1ウィルス)です。2013年3月12日現在、世界保健機関(WHO)は全世界で622件のヒトの症例を確認しており、その60%にあたる371件が死に至っています。これらの症例のほとんどがアジアの国々で発生しています。感染症の専門家は、H5N1ウィルスがヒトからヒトへ容易に感染する能力を獲得した場合、ヒトにおいてパンデミックを引き起こす可能性が高いと指摘しています。ウィルスの感染拡大を阻止する、もしくは遅らせることによって、パンデミックがもたらす脅威を軽減する方法の1つが早期封じ込め(Rapid Containment)※2と呼ばれる手段です。

 「日・ASEAN統合基金鳥インフルエンザ対策支援」及び「ASEF日本信託基金新型インフルエンザ対策支援」では、機材や役務の調達業務、資金管理業務の他に、抗インフルエンザ薬や個人防護用品(PPE)といった備蓄品を適切に保管・管理し、パンデミックと成り得るインフルエンザウィルスが発生した場合には、早期封じ込めの一環として、WHO西太平洋事務局(WPRO)の指示により、発生国に備蓄品を緊急輸送するというこれらプロジェクト特有の任務もJICSが担っています。

 2013年1月15日・16日、世界最多のH5N1ウィルス感染者数を記録している国の1つであるベトナムの保健省は、WPRO及びWHOベトナム事務所と共同で、早期封じ込めの実施に必要な当該国のさまざまな手続きについて訓練・検証を行う「PanStop Exercise」演習を実施し、JICSも参加しました。ベトナム北部でインフルエンザが発生したというシナリオに基づき、抗ウィルス薬とPPEをベトナムへ緊急輸送するシミュレーションも実施されました。WPROの指示を受け、JICSは抗ウィルス薬とPPEが備蓄されているシンガポールの倉庫会社やベトナム保健省と緊密に連携し、備蓄品の模擬緊急輸送の手配を行うとともに、実際の早期封じ込めで重要となるWPROやベトナム保健省とのコミュニケーションや調整について確認を行いました。WPROは様々な国において異なるシナリオで「PanStop Exercise」を実施し(JICSも参加)、アジア太平洋地域の早期封じ込め戦略の展開に貢献しています。

 両プロジェクトの開始以来、幸いなことに備蓄品の緊急輸送が必要となる事態は発生していません。しかし、JICSにとって、早期封じ込めを成功させるため、WPROやベトナムを含めた各国の保健省と協力関係を築いていくことはもちろん、上記のような演習に定期的に参加し、備えることは重要となっています。


※1パンデミック:感染症等の世界的大流行

※2早期封じ込め(Rapid Containment):パンデミックとなる可能性のあるインフルエンザ発生時に、感染拡大の阻止を目的として行う臨時(緊急)の公衆衛生活動のこと。内容は抗ウイルス薬等の投入・使用だけでなく、人の移動制限や情報提供など多岐にわたる。

プロジェクト情報
プロジェクト名 ASEF日本信託基金新型インフルエンザ対策支援<平成19年度>
決定日 2008年12月5日
プロジェクト実施額 18億円
調達代理契約 アジア欧州財団(ASEF)と実施代理人契約を締結
完了予定日 最長備蓄期間として2014年5月末予定
プロジェクト概要 ASEAN地域およびその近隣国で、新型インフルエンザが発生した場合の感染拡大に備え、抗インフルエンザウイルス薬および防護用品 (PPE)等の調達・備蓄、感染発生時にそれらの緊急放出を実施
JICSの役割 抗インフルエンザウイルス薬および防護用品50万人分の調達、備蓄倉庫の手配、備蓄品管理、緊急時の備蓄品投入などの業務を実施

プロジェクト名 日・ASEAN統合基金鳥インフルエンザ対策支援
決定日 2006年3月27日
プロジェクト実施額 35億円
調達監理契約 2006年4月28日ASEAN事務局と実施監理契約を締結
完了予定日 2013年9月末を予定
プロジェクト概要 鳥インフルエンザのヒト−ヒト感染が発生する可能性が高いと見られているASEAN地域のために、抗インフルエンザウイルス薬および感染防止備品(PPE)等の調達・備蓄、ならびにヒト−ヒト感染発生時にそれらの緊急放出を実施
JICSの役割 本プロジェクトの実施代理人として、調達、備蓄、引渡式・セミナーの開催、緊急放出オペレーション、資金管理を実施

(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せサイトマップEnglish 文字表示縮小 文字表示標準 文字表示拡大