JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ニカラグア 貧困農民支援 肥料と「見返り資金」の有効活用 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業貧困農民支援

貧困農民支援<平成20年度> ニカラグア地図へ

2009年7月28日

(写真)
肥料の引渡し

 ニカラグア共和国は、約13万平方キロメートルの国土(北海道と九州をあわせたくらいの面積)に約510万人が暮らす中米に位置する国です。主要産業は農業ですが大部分が降雨に大きく依存する天水農業であるため、生産量が不安定で、国内の需要に対して不足する食糧を海外からの輸入や食糧援助に依存している状態です。このような中、日本は同国の要請に基づき、主要作物の栽培に必要な肥料を調達するための資金を供与する貧困農民支援を1989年より実施しており、JICSはその調達代理業務を担っています。特にここ数年は、エルニーニョ現象などの影響を受け生産量が減少しており、貧困対策および食糧安全保障の必要性が高まっています。

 日本の貧困農民支援により調達された肥料は、小規模農家を主な対象として販売され、トウモロコシ、米、赤インゲン豆といった主要食物の増産と、これを栽培する小規模農家の生活レベルの向上に大きく寄与しています。
 また、貧困農民支援においては、援助資金により被援助国が購入した資機材の販売代金を「見返り資金」として積み立てることが義務付けられています。この見返り資金は、日本政府と協議のうえ、被援助国の社会経済発展のために活用することができるため、恒常的に予算不足にあるニカラグア政府にとって貴重な資金源となっています。同国政府は資金の積立に熱心に取り組んでおり、それを用いて農業生産性の向上や、農村と市場を結ぶ道路整備などを目的として多くのプロジェクトが実施されてきました。

 貧困農民支援により調達された肥料、そしてその販売代金を積み立てた「見返り資金」はともに、ニカラグアの人々の生活向上に役立てられています。

(写真)
見返り資金を活用して整備された農村と市場を結ぶ道路の完成を祝う地域の人々。
(写真)
道路の完成により、農産物を市場まで円滑に運ぶことができるようになった。
プロジェクト情報
プロジェクト名 貧困農民支援<平成20年度>
供与(E/N)額 2.9億円
プロジェクト概要 ニカラグアの貧困農民に対する肥料を調達。
JICSの役割 調達代理機関として同国に代わり肥料を調達するとともに援助資金の資金管理を実施。
調達品目 肥料等
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved