JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ルワンダ 貧困農民支援 肥料の調達で食糧の増産に貢献 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業貧困農民支援

貧困農民支援<平成21年度> ルワンダア地図へ

2010年12月1日

 ルワンダ共和国はアフリカ大陸のほぼ中央部に位置し、アフリカで最も人口密度が高いといわれる国です。労働総人口に占める農業従事者の割合は8割を占め、農業は同国の経済において大きな位置を占めています。生産のほとんどは穀類や芋類、豆類、バナナ等の食糧作物ですが、国内生産量は消費量に及ばず、近隣国から食糧を輸入しています。また、1人あたりの年間食糧供給量は1994年7月の内戦終結後、減少が続き、2006年にようやく増加に転じましたが、この水準は内戦前の1990年の供給量を大幅に下回っています。

 日本政府はルワンダに対し、1983年から1993年の間、食糧増産援助(2KR:2005年度に現在の「貧困農民支援」に名称変更)を実施してきました。内戦後、2006年度に援助が再開され、2008年度には主食のひとつであるジャガイモの栽培に必要な肥料の調達を目的として、2KRが実施されています。

 JICSは、ルワンダ政府の調達代理機関として2009年6月に入札を実施し、その後肥料が問題なくルワンダに届けられるよう監理を行いました。肥料は2009年11月から2010年1月にかけてルワンダに到着し、肥料の使用時期に合わせて販売されました。農民からは肥料を使用することで収穫量が7〜8割程度増加し、食糧増産に大いに役立っていると喜びの声が届いています。

(写真)
ジャガイモ栽培に欠かせない肥料
(写真)
主食のひとつであるジャガイモを収穫
プロジェクト情報
プロジェクト名 貧困農民支援<平成21年度>
供与(E/N)額 3.00億円
プロジェクト概要 ルワンダの食糧不足問題に対して無償資金協力援助資金により、同国の主食のひとつであるジャガイモの栽培に必要な肥料を供与する。
JICSの役割 ルワンダ国政府の調達代理機関として、援助資金の管理とあわせて、肥料の調達手続き、案件全体の進捗管理をを実施。
調達品目 肥料
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved