JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
バングラデシュ 6万人を救うサイクロンシェルター
TOP事業無償資金協力関連事業防災・災害復興支援無償

サイクロン「シドル」被災地域多目的サイクロンシェルター建設計画 バングラデシュ地図へ

2008年9月24日

(写真)
サイクロン「シドル」によって倒された木々

(写真)
サイクロンシェルターの完成イメージ

 バングラデシュは、14万4,000平方キロメートルの国土(北海道の1.8倍)に約1億4,000万人が暮らしています。ガンジス川、ブラフマプトラ川、メグナ川によって形成された世界最大の三角州(デルタ地帯)に位置し、国土のほとんどが海抜9メートル以下の低地にあります。雨期になると国土の2割が水没し、冠水・洪水で多大な被害を受けるため、災害対策は国家の重要課題となっています。

 2007年11月15日から16日にかけてバングラデシュ南西部を襲った巨大サイクロン「シドル」は、死者3,363名、行方不明者871名、被災者約892万人、全壊家屋が約56万戸という甚大な被害をもたらしました。このサイクロン「シドル」の被害に対して、日本はテント、毛布、浄水器などの緊急援助物資の供与と、国際機関を通じた緊急無償資金協力および有償資金協力(円借款)を実施しています。

 過去最大級といわれるサイクロン「シドル」により、国内64県のうち30県で被害を受けたと報告されています。特に大きな被害を受けたポトゥアカリ、ボルグナ、ピロジプール、バゲルハットの4県では、サイクロンシェルター数が不足しており、多数の住民が避難できなかったことが明らかになっています。そのためバングラデシュ政府は、日本政府に対し無償資金協力による多目的サイクロンシェルターの建設を要請し、日本は「サイクロン『シドル』被災地域多目的サイクロンシェルター建設計画」として、9億5,800万円の防災・災害復興支援無償資金協力を行うことを決め、2008年6月9日に両国間で交換公文が締結されました。これを受け、JICSは6月17日に先方実施機関と調達代理契約を結びました。

 本計画では、上述した4県に対し新たに36か所のサイクロンシェルターを建設する予定です。この計画により、災害時には約61,000人の避難が可能となります。また、これらのシェルターは平常時には学校として利用される予定です。災害対策に加え、教育環境の改善という点でもサイクロンシェルターの建設は期待を集めています。

プロジェクト情報
プロジェクト名 サイクロン「シドル」被災地域多目的サイクロンシェルター建設計画
政府間決定日 2008年6月9日
供与額 9.58億円
調達代理契約 2008年6月17日
契約相手 地方自治・地域開発・組合省 地方インフラ局
プロジェクト概要 サイクロン被害に対する復旧・復興支援として、サイクロンで甚大な被害を受けた4県(ポトゥアカリ、ボルグナ、ピロジプール、バゲルハット)に多目的サイクロンシェルター(36か所)及び深井戸等の建設を行う。
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、プロジェクトの進捗管理(入札開催、業者契約、納入管理など含む)および資金管理等を実施
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せ Englishサイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大