JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
インドネシア ジャワ島中部地震から1年 式典が開催されました
TOP事業無償資金協力関連事業防災・災害復興支援無償

 〜笑顔が戻ったジョグジャカルタ〜
インドネシア国防災・災害復興支援<H18年度防災災害復興支援>

2007年6月22日

(写真)
災害復興を支援する関係者が
沢山出席しました

(写真)
式典で演説するユドヨノ大統領

(写真)
復興状況を説明するハメンクボォノ10世
ジョグジャカルタ特別州知事

 2006年5月27日午前5時54分(日本時間午前7時54分)、インドネシアのジャワ島中部ジョグジャカルタ市沖合いでマグニチュード6.2の地震が発生しました。この地震によって、死者6,000名弱、負傷者4万人弱、避難民は200万人を越える被害があったと報告されており、中でもジョグジャカルタ特別州南部に位置するバントゥール県では、全体の70〜80%の住居が倒壊したと言われています。

 このように大きな被害を受けたジョグジャカルタ特別州と中部ジャワ州では、様々な復興事業が行われ、2007年の5月には日本の支援による地域診療所の再建も完了しました。これを受け、地震発生からちょうど1年たった日の前日の5月26日、インドネシア国政府は、地震中心部ジョグジャカルタ市から程近いプランバナン寺院遺跡群において、ジャワ島中部地震の災害復興を報告する式典を行いました。

 この式典は、インドネシア国のユドヨノ大統領をはじめ、閣僚、上記2州知事、日本をはじめとする復興を支援した各国の大使や国際機関代表も出席するなどとても盛大なもので、JICSもジョグジャカルタ特別州からの招待を受け、佐々木理事長が出席しました。この式典には住民も多数参加し、民族舞踊などが披露され、ジョグジャカルタに活力と笑顔が戻った様子がよく伝わってきました。

 ユドヨノ大統領からは、佐々木理事長に対し「様々な分野における日本の援助に対し、日本政府および国民に対し感謝を申し上げたい。この日本との良好な関係を引き続き維持していくことを希望している。」と日本の援助に対する謝意表明がありました。

(写真)
多くの住民が式典に参加しました
(写真)
式典で民族舞踊を披露する
ジョグジャカルタの子供たち
(写真)
JICSが調達監理をおこなった地域診療所の
完成記念銘板にサインをするユドヨノ大統領
(写真)
ユドヨノ大統領のサインが入った銘板。
現在は完成した地域診療所に掲げられている
(写真)
ユドヨノ大統領(右)と佐々木理事(左)
(写真)
ナングル・アチェ・ダルサルム特別州の
イルワンディ知事(左)と
プロジェクト情報
プロジェクト名 インドネシア国防災・災害復興支援<H18年度防災災害復興支援>
政府間決定日 2006年8月15日
供与額 約8.9億円
調達代理契約 2006年8月22日、インドネシア援助調整庁と調達代理契約を締結
完了時期 小・中学校:2007年11月30日完工予定
地域診療所:2007年7月29日完工予定
プロジェクト概要 2006年5月27日にインドネシアのジャワ島中部のジョグ・ジャカルタ市沖合いにて発生した地震により、ジョグ・ジャカルタ州および中部ジャワ州は甚大な被害を受けた。日本政府は、今年度より開始された新スキーム「防災・災害復興支援無償」を活用し、小学校2校及び中学校7校の整備、地域診療所5か所の再建、学校用品と医療機材の供与等。
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、プロジェクトの進捗管理(入札開催、業者契約、納入管理など含む)および資金管理等を実施
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せ Englishサイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大