JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
インドネシア ジャワ島中部地震災害復興支援 地域診療所が完成しました
TOP事業無償資金協力関連事業防災・災害復興支援無償

 〜安心して受診できる地域診療所を〜
インドネシア国防災・災害復興支援<H18年度防災災害復興支援>

2007年10月25日

(写真)
イモギリ第1診療所開所式で所長よりJICSジョグジャカルタ事務所の芹澤所長に対して記念品が贈呈されました。

(写真)
9月12日には同じくジェティス第1診療所開所式のあとに、地域住民への施設・資機材がお披露目。たくさんの人がつめかけました。

 2006年5月27日にインドネシア国ジャワ島中部ジョグジャカルタ付近でマグニチュード6.2の地震が発生し、特にジョグジャカルタ特別州のバントゥール県の被害は大きく、4,100人以上もの人が亡くなりました。
 これを受け日本政府は地震発生直後の緊急無償資金協力とあわせ、災害復興支援無償も実施しています。本災害復興支援無償では、教育分野と保健医療分野に対する基本サービスの復旧を実施しており、JICSはこの調達代理業務を行っています。

 保険医療分野では、バントゥール県の中でも特に被害の大きかった4地区の5つの診療所を対象に、施設の再建と医療器具などの整備を行いました。

 2007年7月末、施工されていた5つの地域診療所がすべて完成しました。当初の予定より早い完成に、ジョグジャカルタ側の関係者はたいへん驚きました。各地域診療所はそれぞれの所長に引き渡され、地域住民の利用も始まっています。これを記念して、9月8日にイモギリ第1地域診療所で開所式が開催されました。開所式にはJICSも招待を受け、地域住民の感謝の気持ちが込められた記念品を受け取りました。式典の参加者は約150名。地域では一大イベントとなり、住民の期待と喜びがうかがえます。地元の新聞社も取材に訪れ、大きく取り上げられました。

 9月12日にはジェティス第1(地域)診療所の開所式も行われ、式典のあとには地域住民に施設を開放し、設備と資機材が紹介されました。
 地域住民のみなさんからは、「日本の協力に本当に感謝しています。これからこの診療所を末永く有効に使っていきます」との言葉を笑顔でいただきました。

 地震発生から1年以上が経ち、住民のみなさんの生活は落ち着きを取り戻しつつあります。しかし、未だに家族や住居を失った悲しみや傷跡はところどころに見られます。JICSは一日も早い復興をめざして、インドネシア国ジョグジャカルタ復興支援をサポートしていきます。

(写真)
被災直後のセウォン第2診療所。右端の緑色のテントで診察が行われていました。
(写真)
新しくなったセウォン第2診療所。安心して受診することができるようになりました。
プロジェクト情報
プロジェクト名 インドネシア国防災・災害復興支援<H18年度防災災害復興支援>
政府間決定日 2006年8月15日
供与額 約8.9億円
調達代理契約 2006年8月22日、インドネシア援助調整庁と調達代理契約を締結
完了時期 小・中学校:2007年11月30日完工予定
地域診療所:2007年7月29日完工
プロジェクト概要 2006年5月27日にインドネシアのジャワ島中部のジョグ・ジャカルタ市沖合いにて発生した地震により、ジョグ・ジャカルタ州および中部ジャワ州は甚大な被害を受けた。日本政府は、今年度より開始された新スキーム「防災・災害復興支援無償」を活用し、小学校2校及び中学校7校の整備、地域診療所5か所の再建、学校用品と医療機材の供与等。
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、プロジェクトの進捗管理(入札開催、業者契約、納入管理など含む)および資金管理等を実施
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せ Englishサイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大