JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ペルー共和国 大地震からの復興支援計画
TOP事業無償資金協力関連事業防災・災害復興支援無償

 〜子どもたちの笑顔を取り戻すため〜
平成19年ペルー国イカ州地震被災地復興計画 ペルー地図へ ペルー地図へ

2008年5月1日

(写真)
再建工事の対象校に通う生徒たち

 2007年8月15日夕方、ペルー国太平洋岸イカ州をマグニチュード8.0の大地震が襲いました。
 500人以上の死者、1,000人以上の負傷者が発生し、71,000棟以上の家屋に甚大な被害をもたらしました。

 日本政府は、この被害による被災地復興のため、ペルー政府に対し災害復興支援無償を実施することを決定し、2008年3月17日、両国間で支援に係る交換公文が署名されました。これを受け、4月18日にJICSはペルー政府と調達代理契約を締結し、同政府の代理機関として、案件実施に必要な再建工事などの役務および資機材の調達と、それに伴う支払い業務を含む資金管理を担当し、案件の進捗を監理していくことになりました。

 復興支援対象地域であるイカ州は、首都リマの南に位置しています。イカ州のチンチャ郡、ピスコ郡およびイカ郡の3地域で、学校4校と給水施設の再建工事を実施します。調達代理契約に先立ち、再建対象の学校を訪れた際に、この国の将来を担う子どもたちと出会いました。地震で学校が損壊してしまったため、子どもたちの多くは学校の敷地内に仮設されたプレハブの教室で授業を受けています。彼らは地震の恐怖を乗り越え、我々を暖かく出迎え、新しい校舎で早く授業を受けたいと熱っぽく語ってくれました。熱心なのは子どもたちだけではありません。行く先々の各学校の校長先生は日本政府の支援に対する感謝と再建への期待を子どもたちと同じく熱意を持って語ってくれました。

 JICSは、この子どもたちのためにも、一刻も早い復興に向けてペルー復興支援を行っていきます。

(写真)
被災から3か月後の様子
(写真)
ホセ・カルロス・マリアテギ校のプレハブ仮設校舎
(写真)
イカ郡マンサニージャ地区にある給水施設。倒壊の危険があるため、現在は高架水槽への貯水は停止されている
(写真)
亀裂が入った給水施設の表面。補修は不可能なため、別の場所に新設される。完成すれば2万6,000人が安定した水供給を得られる。
プロジェクト情報
プロジェクト名 平成19年ペルー国イカ州地震被災地復興計画
政府間決定日 2008年3月17日
供与額 7.85億円
調達代理契約 2008年4月18日ペルー共和国首相府南部復興基金と調達代理契約を締結
プロジェクト概要 2007年8月にペルー国太平洋岸イカ州沿岸部において発生した地震により被災した地域の早期復興のため、緊急性およびニーズの高い被災施設の復旧および再建工事を実施
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、プロジェクトの進捗管理(入札開催、業者契約、納入管理など含む)および資金管理を実施
調達品目 (ア)学校4校再建工事・学校用品の供与
(イ)給水施設の再建
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せ Englishサイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大