JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ペルー イカ州地震被災地復興計画 一日も早い復興を目指して
TOP事業無償資金協力関連事業防災・災害復興支援無償

平成19年ペルー国イカ州地震被災地復興計画 ペルー地図へ

2009年3月3日

(写真)
イカ郡フリオ・C・テージョ校(教室数:18)の現場にて。JICS担当(左から5人目)とプロジェクト関係者

 2007年8月15日、ペルーの太平洋岸に位置するイカ州を襲った地震により、500人以上の死者、1,000人以上の負傷者、7万1,000棟にものぼる家屋の損壊などの被害が発生しました。

 これを受け、日本政府はペルー政府の要望に基づき、被災直後に緊急援助物資の供与(約1,600万円)と緊急無償資金協力(約1億5,100万円)を実施しました。

 さらに日本政府は、緊急援助の段階から本格的復興までの切れ目のない援助を実施するため、2008年3月に、学校施設および給水施設を再建するための防災・災害復興支援無償「イカ州地震被災地復興計画」の実施を決定しました。

 JICSは2008年4月にペルー政府と調達代理契約を締結し、現場にプロジェクト事務所を設置のうえ、このプロジェクトの進捗管理と資金管理を実施しています。それぞれの再建工事を行う施工業者と施工管理を担当する建設コンサルタントの選定を終え、各現場で工事が進められています。

(写真)
チンチャ郡のサン・アントニオ・デ・パドゥア校(教室数:13)
(写真)
施工業者の現地担当者ペレス氏(中央)とコンサルタント(右)の説明を受けるJICS職員(左)
(写真)
2,900名の生徒が通うことになるチンチャ郡の
ジョン・F・ケネディ校(教室数:48)の工事現場。
この学校では3階建ての校舎2棟をはじめとして、
実習棟および音楽室棟などの再建を行います。
(写真)
イカ郡のマンサニージャ地区給水施設の再建工事
(着工から2か月時点)。
最終的には高さが32メートルになる予定。
地域住民に生活用水を安定して供給するために
早期の完成を目指しています。
(写真はすべて2009年1月14日時点)
プロジェクト情報
プロジェクト名 平成19年ペルー国イカ州地震被災地復興計画
政府間決定日 2008年3月17日
供与額 7.85億円
調達代理契約 2008年4月18日ペルー共和国 首相府南部復興基金と調達代理契約を締結
プロジェクト概要 2007年8月にペルー国の太平洋岸イカ州において発生した地震により被災した地域の早期復興のため、緊急性及びニーズの高い被災施設の復旧及び再建工事を実施
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、プロジェクトの進捗管理(入札開催、業者契約、納入管理など含む)及び資金管理を実施
調達品目
(支援内容)
(ア)学校4校の再建工事
(イ)イカ郡の給水塔・配管設備・ポンプなど給水施設の再建工事
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せ Englishサイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大