JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ザンビア 文化無償 柔道の普及のために お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業文化無償

 〜駐日大使がJICSを来訪しました〜
ザンビア地図へ

2009年5月27日

(写真)
握手を交わすシマシク大使と佐々木理事長

 アフリカ南部に位置するザンビアでは、近年柔道人気の高まりを受けて競技人口が増え続けており、2006年にアイルランドで開催された国際大会では、同国選手がメダルを多数獲得するなどの実績をあげています。
 ザンビア国立スポーツ協議会の認可を受けて1970年に設立されたザンビア柔道連盟は、現在では14道場、約3,000人の会員を擁し、柔道の普及、レベルの向上に努めるほか、柔道を通した青少年の健全な心身育成などにも力を注いでいます。

 活動に不可欠な柔道器材の多くは、平成8年度一般文化無償および平成15年度フォローアップ事業により日本から支援されたもので、中には10年以上使用したため老朽化が進み、使用上の問題が生じていたものも数多くありました。
 しかし、柔道器材は同国で製造することが困難であり輸入に頼らざるを得ない上に、財政状況が厳しくこれらの費用を捻出することができない状態にありました。

 このような状況から、ザンビア国は、全14道場のうち9つの道場に対する柔道器材の購入に必要な資金について、日本に一般文化無償資金協力を要請してきました。
これを受け、2008年10月27日に、柔道器材供与に関する「平成20年度ザンビア向け一般文化無償協力ザンビア柔道連盟柔道器材整備計画」の実施が決定し、JICSはザンビア国立スポーツ協議会と契約を締結し、器材の調達手続きを進めています。

 2009年5月14日、JICSで行われた入札会にはザンビアのシマシク駐日大使が立ち会い、次のように述べました。
「1964年の独立以前、ザンビアでは黒人がスポーツをする機会は少なく、器材も環境も整っていませんでした。現在は誰もが自由にスポーツに親しむことができます。今回、日本から柔道器材の支援を受けられることとなり、今後さらにザンビアで柔道が盛んになること、そしてより多くの青少年や子どもたちが柔道に接する機会を持てることを大変嬉しく思っています」

 入札会終了後の表敬訪問では、シマシク大使から佐々木理事長に対して、日本の援助とJICSに対する謝意が表されました。JICSはこの日の入札結果を踏まえ、今後ザンビア側と協力しながら手続きを進めていきます。

プロジェクト基礎情報
供与(EN)額 3,600万円
契約相手 ザンビア共和国 国立スポーツ協議会
プロジェクト概要 ザンビア国立スポーツ協議会のザンビア柔道連盟に対する柔道器材の供与
JICSの役割 外務省の委託を受け、要請目的や施設の状況などを調査。E/N締結後、資機材の調達に係る契約をザンビア政府との間で結び、入札図書の作成、入札会の開催、入札結果の評価などについて補助業務を実施する予定。
調達品目 柔道器材(柔道畳、柔道畳用運搬車、体重計、投げ込みマット、柔道着、審判用旗一式、得点板、ストップウォッチほか)
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved