JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ボリビア コミュニティ開発支援無償 すべての校舎が竣工、引渡し式が開催されました お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業コミュニティ開発支援無償

ボリビア地図へ

2011年1月19日

(写真)
民族衣装など記念品の贈呈をスクレ市長から受ける渡邉大使

(写真)
初等学校生徒代表のスピーチ

(写真)
渡邉大使のスピーチ

 ボリビアの学習環境改善を目的として進められてきたコミュニティ開発支援無償「ポトシ市及びスクレ市教育施設建設計画」は、ポトシ市およびスクレ市に初等中等学校合計30学校(368教室)を建設するプロジェクトです。JICSはスクレ市にプロジェクトオフィスを設置し、ボリビア国教育省との調達代理契約に基づきプロジェクトの実施に必要となる資機材やサービス等の調達業務、プロジェクト全体のマネジメント業務にあたってきました。

 すでに一部の校舎は竣工し、引渡しを終えて活用されていましたが、当初予定していたすべての校舎が竣工したことを受け、2010年11月、スクレ市ベルナルド・モンテアグド校にて引渡し式が開催されました。
 引渡し式には、ボリビア側からはイバン・ビィリャ教育副大臣、ベロニカ・ベリオス・ベルガラ・スクレ市長が、日本側からは渡邉利夫在ボリビア日本大使、JICAボリビア事務所の関係者およびJICS職員などプロジェクト関係者、学校関係者、生徒、地域の人々など大勢が出席しました。

 式典では、スクレ市長より渡邉大使に記念品としてボリビアの民族衣装などが贈呈された後、初等学校生徒からのスピーチで、「日本からの援助に感謝しています」と述べられると、会場は大きな拍手と歓声に包まれました。渡邉大使はスピーチの中で「子どもは国の宝であり、教育は国の発展に重要である」と述べ、スピーチ中に生徒たちから送られる声援にも丁寧に応えていました。
 また、中等学校生徒による民族舞踊の発表も行われ、渡邉大使夫妻やプロジェクト関係者もその踊りに参加するなど、楽しく和やかな雰囲気の式典となりました。

 このプロジェクトによって初等中等学校合計30学校が建設されたことで、ポトシ市およびスクレ市における学校施設の不足が緩和され、子どもたちの学習環境が改善されることが期待されています。

(写真)
中等学校生徒による民族舞踊の発表
(写真)
生徒たちの踊りに参加する渡邉大使
(写真)
式典に出席した生徒や地域の人々
(写真)
竣工した教室で談笑する渡邉大使夫妻
プロジェクト情報
供与(E/N)額 9.69億円
契約相手 ボリビア多民族国家政府教育省
プロジェクト概要 ボリビア国における教育環境の改善を目的として、ポトシ市及びスクレ市に初等中等学校合計30学校(368教室)を建設し、教育環境の改善を行う。
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、本プロジェクト推進に必要な役務や機材の調達およびプロジェクト監理を担当する。
調達品目 30学校の建設・教育家具整備(施工業者)、設計・施工監理コンサルタント
プロジェクトの主な流れ/現状 2008年6月:設計・施工監理コンサルタント契約
2009年2月:フェーズIの施工業者6社契約
2009年3月〜4月:フェーズIの工事開始
2009年5月:フェーズIIの施工業者1社と契約
2009年5月:フェーズIIの工事開始
2010年12月末:プロジェクト終了
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved