JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ジブチ コミュニティ開発支援無償 教員養成校の起工式が開催されました お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業コミュニティ開発支援無償

ジブチ地図へ

2010年11月11日

(写真)
教員養成校の完成予想図

(写真)
在ジブチ日本国大使のスピーチ

(写真)
ジブチ共和国大統領スピーチ

 ジブチ政府は、教育を同国の発展の重要課題のひとつと位置づけ、基礎教育9年間(初等教育5年間および前期中等教育4年間)の義務化および無償化を導入しました。基礎教育の就学率の向上にともなう生徒数の増加を受け、教員の増員が必要となっていますが、新規教員を養成するための施設が不足していることから、ジブチ政府より日本政府に対して、新たな教員養成校の建設および機材整備を目的とした無償資金協力の要請がなされました。

 この要請を受け、2010年2月11日に日本政府とジブチ政府との間で交換公文が締結され、コミュニティ開発支援無償「初等・中等教員養成校建設計画」として養成校建設と教室用備品の調達等に必要な資金の供与が決定しました。

 本プロジェクトは、ジブチ市街地に3年制の初等・中等教員養成校を建設するものです。この養成校では1学年あたり325名(小学校教員85名、中学校教員240名)、3学年合計で975名の教員が養成される予定となっています。

 JICSはジブチ政府教育・高等教育省の調達代理機関として、同省に代わり援助資金を管理するとともに、プロジェクトの円滑な実施に向け、調達手続きを含むマネジメント業務を行っています。これまで、現地における入札を経て、2010年4月にコンサルタントと、7月には施工会社と契約を締結しており、順次作業を進めています。

 2010年10月27日には本プロジェクトの起工式が開催されました。式には、ジブチ共和国大統領、在ジブチ日本国大使館大使、JICAジブチ事務所、ジブチ政府関係閣僚、在ジブチの外交使節団など多くの関係者が出席し、コーランの朗読や学生による民族舞踊が披露されるなど、華やかな雰囲気の中で行われました。式典の様子は同国の新聞、テレビなどで大きく報道され、日本の援助によって実施される本プロジェクトへの期待の大きさがうかがわれました。

 本プロジェクトにおいて教員養成校を建設することによって、教員不足が緩和され、教育の質が向上することが期待されています。子どもたちが充実した学校生活を送る環境づくりに寄与できるよう、JICSはプロジェクトのサポートを行っていきます。

(写真)
ジブチ大統領と在ジブチ日本国大使による石積みのセレモニー
(写真)
学生による民族舞踊
プロジェクト情報
供与(E/N)額 7.67億円
契約相手 ジブチ共和国国民教育・高等教育省
プロジェクト概要 市街地にあるジブチ大学現キャンパス南側の約5,000平方メートルの敷地に初等・中等教員養成校(3年制、1学年325名(小学校85名、中学校240名)計975名)を建設する。
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、援助資金を管理するとともに、施工会社を始めとするプロジェクト推進に必要な役務や機材の調達及びプロジェクト監理を担当する。
調達品目 コンサルタント(設計・施工調達監理)、学校建設(施工会社)、備品調達(家具会社)
プロジェクトの主な流れ/現状(予定) 2010年4月コンサルタントと契約、設計調査開始
2010年7月施工会社と契約、順次工事開始
今後、備品を供給する家具会社の選定手続き等を実施予定
完了時期(予定) 2013年1月末プロジェクト終了予定
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved