JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
パレスチナ コミュニティ開発無償支援無償 複数分野にわたる支援を行うマルチ案件「ヨルダン渓谷コミュニティのための公共サービス活動支援計画」で、電力網および道路完工式を開催 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業コミュニティ開発支援無償

パレスチナ地図へ

2012年5月29日

(写真)
修復された道路

 「ヨルダン渓谷コミュニティのための公共サービス活動支援計画」は日本政府が提唱している「平和と繁栄の回廊※1」構想の一環として実施されています。パレスチナ自治区は財政難で、地方住民に対し十分な公共サービスを提供できない状況が慢性的に続いています。特にイスラエルの占領政策の影響を強く受けるヨルダン渓谷地域においては、教育、保健医療および公共施設の不足、道路整備、電力網の老朽化が深刻です。このような状況を改善するため、パレスチナ暫定自治政府地方自治庁は各村落の要望を精査した上で、14箇所の施設建設、4地域における道路整備、7村落における電力網の整備および必要機材の調達を日本政府に対して要請し、2010年3月に本プロジェクトの実施が決定しました。

 JICSはパレスチナ暫定自治政府の調達代理機関として、本プロジェクトの推進に必要な役務や機材の調達および資金管理を含むプロジェクト監理を担当しています。調達の対象が医療・教育・道路・電気など複数分野にわたり、その様々な支援を同時進行する「マルチ案件」のため、多岐にわたる関連省庁や関係者との調整に困難な面も多くありました。しかし、JICSは調達代理機関としてパレスチナにおいて既に2件のプロジェクトに携わってきたことから、これまでに培った経験を活かして関係者とひとつひとつ協議を重ねながらプロジェクトを進めてきました。

(写真)
(写真)
整備された電力網

(写真)
建設されたパイプカルバート※2

 このたび、本プロジェクトのうち、ヨルダン渓谷中西部地域における2地域におよぶ13.1kmの道路網の修復および5村落をカバーする電力網の改修および電力供給量増大のための工事が完了し、5つの村で延べ約9,000人の人々がその恩恵に預かることとなります。

 2012年3月21日、完工式は地方自治庁マーゼン・グナイム副大臣、対パレスチナ暫定自治政府日本国代表事務所橋本尚文代表および中西部地域自治体連合長 ハリード・ハムダン氏等関係者が参加し、盛大に行われました。橋本代表は「本プロジェクトはヨルダン渓谷に住む一般の人々の為に実施されており、日本政府はパレスチナの人々の生活が向上し、平和と繁栄の下に暮らすことのできるパレスチナ国家の独立を支援していく」と9,000人の住人を含めた全ての関係者に対して完工のお祝いを述べられました。グナイム副大臣は橋本代表のスピーチをうけ、「本プロジェクトは生活全般に、そして全ての世代の人々に寄与するものであり、日本政府に感謝する」と述べられ、「案件実施当初から携わってきたJICS」へも感謝の言葉を頂きました。さらにハムダン氏が現在建設中の施設について言及し「私たちの日本の友人たち」へ感謝の言葉を述べられました。

 現在、本プロジェクトは年内の完工に向けて14施設の建設工事が大詰めを迎えています。

※1:平和と繁栄の回廊:イスラエルとパレスチナの共存共栄に向けた日本の中長期的な取り組みのことで、パレスチナ、イスラエル、ヨルダン、日本の4者からなる協議体を立ち上げ、日本のODAを戦略的・機動的に活用しつつ、域内協力の具体化に取り組むことも含まれています。

※2:パイプカルバート:道路下を横切る水路。

完工式
(写真)
グナイム副大臣と橋本代表によるテープカット
(写真)
パレスチナ地方自治庁より、JICSに対する感謝の言葉と
表彰楯をいただきました

プロジェクト情報
案件名 ヨルダン渓谷コミュニティのための公共サービス活動支援計画
供与(E/N)額 11.76億円
契約相手 パレスチナ暫定自治政府 地方自治庁
プロジェクト概要 公共サービスのインフラ整備のために、ヨルダン渓谷地域における学校、病院ならびにコミュニティセンターの建築、道路網整備、電力網整備および必要機材の調達を行う。
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として本プロジェクト推進に必要な役務や機材の調達および資金管理を含むプロジェクト監理を担当する。
調達品目 4診療所、5学校、4コミュニティセンター、1家畜疾病予防センター、電力網および道路工事(施工会社)、各施設向け家具、救急車1台、移動診療車2台、スクールバス2台、給水車2台、医療用機材、教育用機材、コミュニティセンター用機材および家畜疾病予防センター用機材の納品(家具・機材納入会社)、設計・施工監理コンサルタント
プロジェクトの主な流れ/現状 2010年7月:設計・施工監理コンサルタント(株)毛利建築設計事務所と契約
2010年12月:建築会社3社と契約
2011年1月:建築工事開始
2011年4月:電力網・道路施工会社3社と契約
2011年5月:電力網・道路工事開始
2011年12月〜2012年2月:家具・機材納入会社8社と契約
2011年12月:道路完工
2012年1、2月:電力網整備完工
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved