JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ベトナム コミュニティ開発支援無償によるマルチプロジェクト お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業コミュニティ開発支援無償

 〜小学校の起工式が開催されました〜
ベトナム地図へ

2009年8月4日

(写真)
工事の安全とプロジェクトの成功を祈る関係者

(写真)
起工式会場

(写真)
鍬入れ式

(写真)
歌を披露する子どもたち

 カマウ省ウミンハ地区は、雨期の冠水や乾期の森林火災の発生などによって生活資源である林産物の成長が阻害されることも多く、住民の生活が極めて不安定な地域です。また、道路や教育、医療施設の整備が不十分であり、ベトナム国内における最貧困地域のひとつとなっています。
 さらに2002年3月に同地区を大規模な森林火災が襲い、6,000ヘクタール以上の森林が消失するなどの被害が発生しましたが、ベトナム政府による復旧事業は難航していました。

 このような状況を受け、同地区の復旧および開発・貧困削減のために、2008年3月12日、日本政府とベトナム政府との間で「カマウ省森林火災跡地コミュニティ開発支援計画」の実施が決定されました。このプロジェクトにおいてJICSは、カマウ省地方人民委員会との調達代理契約に基づき、同委員会の代理人として機材調達、施工業者の選定・監理および資金管理を行っています。

 本プロジェクトは森林改良、道路・水路などのアクセスの整備、医療施設や教育施設の整備を組み合わせ、同地区のコミュニティ全体の生計向上を目指した総合的な開発支援を行うもので、JICSが携わっているコミュニティ開発支援無償案件としては初のマルチコンポーネント型案件です。
 2009年7月現在までに木材加工機などの機材調達は終了し、施設建設についても15ロット分全てに関して施工業者との契約を締結しました。

 2009年7月23日には、工事の現場となる小学校の建設予定地で合同起工式が開催されました。起工式には日本側からは在ベトナム日本大使館、JICAベトナム事務所、そしてJICSカマウプロジェクト事務所が出席し、ベトナム側からはカマウ省人民委員会、関係各部局、地元の郡当局や学校、森林公社の関係者、そしてテレビや新聞等の報道機関関係者など50名以上が参加しました。現地では、5月から始まった雨季が本格化し連日激しい豪雨が続いており、当日の天候が懸念されていましたが、幸い天候に恵まれ、建設後の小学校に通う予定となっている子どもたちの歌で起工式が始まりました。
 カマウ省人民委員会のユン副委員長と日本大使館の西野書記官の祝辞では、品質、安全、工期、そして関係者間の協力の重要性、日本とベトナムとの友好などについて述べられました。これまでの入札手続きから契約、そして着工に至るまでの経緯は決して容易なものではありませんでした。そのため、今回の起工式は双方にとって格別の意味を持つものとなりました。

 本プロジェクトで工事を行う43か所の現場は、広範囲の森林地帯に散在しており、現場への移動や資機材の輸送はほとんどが船で行われます。工事や施工監理は決して容易ではありませんが、今後も関係者一丸となり、地域住民の生活向上、そして日本とベトナムの友好関係の促進のため尽力することを改めて誓った起工式となりました。

プロジェクト情報
供与(E/N)額 9.05億円
契約相手 ベトナム国カマウ省地方人民委員会
プロジェクト概要 森林火災の発生などにより生活が不安定であり、ベトナム国内でも最貧困地域のひとつとされているカマウ省ウミンハ地区の復旧、開発・貧困削減のため、森林改良、インフラ整備などを行うことで、コミュニティ全体の生計向上を目指す。
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、本プロジェクト推進に必要な役務や機材の調達、プロジェクト監理および資金管理を担当する。
調達品目 森林改良、水路、道路、橋、医療施設、教育施設などのインフラ整備および建設機械、木材加工機、病院機材の整備など包括的な支援を実施
プロジェクトの主な流れ/現状 【施設建設(全15ロット)】
2008年8月 設計コンサルタント2社と契約、設計調査開始
2009年3月 施工監理コンサルタントと契約
2009年6月〜7月 施工業者7社と契約、順次工事開始
【機材調達(全8ロット)】
2008年11月〜2009年3月 機材供給業者7社と契約、機材整備開始
2009年3月〜7月 機材引渡し、調達完了
納入(完了)時期 2010年5月末プロジェクト終了予定
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved