JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
スーダン 紛争予防・平和構築無償 ジュバ職業訓練センター拡張計画 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業紛争予防・平和構築無償

カンボジア 紛争予防・平和構築無償 地雷除去活動強化計画が始動 カンボジア地図へ

2010年2月18日

(写真)
地雷除去のために稼動する除去機

(写真)
人の手によって行われる地雷除去作業の様子

(写真)
掘り起こされた地雷。まだ埋設されている無数の地雷の除去作業が急がれる

 カンボジアには紛争終結後20年近く経った現在でも400〜600万個の地雷が埋設されていると言われており、これらの処理はカンボジア地雷対策センター(Cambodian Mine Action Centre:CMAC)が中心となって行っています。日本政府はカンボジアにおける地雷除去に対する支援を積極的に行っており、なかでも2006年度と2007年度に実施した「地雷除去活動支援機材開発研究計画」では、日本メーカーの協力のもと、地雷除去機を開発・改良し、完成した地雷除去機をカンボジアに供与しました。

 CMACは近年、年間約27平方キロメートルほどの地域の地雷除去を行ってきましたが、2020年までに地雷地帯をなくすという大目標のもと、年間除去面積を33平方キロメートル以上に拡大するべく取組みを強化しています。この目標を達成するためには、地雷除去機などの追加導入や除去活動にかかるさまざまな経費の確保が必要となりますが、そのための資金が不足していることから、日本に支援の要請があり、今回のプロジェクト実施が決定しました。

 JICSはこの「カンボジア地雷除去活動強化計画」プロジェクトに関して2009年11月26日にCMACと調達代理契約を締結し、現地調査の実施や役務・機材の調達、プロジェクト全体の進捗監理を担当しています。
 今回のプロジェクトでは、カンボジア国内でも高度地雷汚染地域であるバッタンバン州の対人地雷除去のために必要な地雷除去機などの調達に加え、地雷除去活動支援、さらには農地整備や農業訓練などの住民支援も行います。
 地雷の除去のみでなく、安全になった土地の利用を促進することで、地域の経済的・社会的開発が進み、生活水準が改善されることが期待されています。

プロジェクト情報
プロジェクト名 カンボジア地雷除去活動強化計画
政府間決定日 2009年11月25日
供与(E/N)額 10.98億円
調達代理契約 2009年11月26日
プロジェクト概要 (1)バッタンバン州などの高度地雷汚染地域における対人地雷除去活動に必要な地雷除去機等の機材の供与
(2)供与機材を利用した地雷除去作業の実施
(3)地雷除去対象地域住民を対象とした農地整備、農業訓練
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、本プロジェクト推進に必要な役務や機材の調達、プロジェクト監理および資金管理を担当。
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved