JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
パラオ 環境プログラム無償「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」の引渡式が行われました
TOP事業無償資金協力関連事業環境プログラム無償

パラオ地図へ

2011年12月8日

(写真)
パラオ国際空港に設置された太陽光発電システム

 2011年11月17日、パラオにおける環境プログラム無償「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」で調達されたパラオ国際空港駐車場への225kWの太陽光パネルの設置が完了し、パラオ国大統領、公共施設・産業・商業大臣および日本国大使が出席して引渡式が執り行われました。

 このプロジェクトは、ディーゼル発電の一部を再生可能エネルギーに代替しCO2排出量を削減することを目的としており、JICSはパラオ国公共施設・産業・商業省と調達代理契約を締結し、援助資金の管理や資機材や役務の調達を含むプロジェクト全体のマネジメントを行いました。日本の技術者が運転の仕方やメンテナンス方法の訓練を実施するなど、太陽光システムが引き渡された後にもパラオの人々がスムーズに運用できるための工夫も取り入れ、コンサルタント、納入企業、現地施工会社など多くの関係者の協力により、太陽光パネルの機材の調達、設置を大きなトラブルもなく進めることができました。

 パラオの玄関口である国際空港に太陽光発電システムを設置することにより、再生可能エネルギーの可能性をパラオの人々に広く示すことができます。そして、この日本の支援がパラオにおける再生可能エネルギー利用の円滑な実施の基礎となり、将来的にはエネルギー源を多様化したエネルギーセキュリティーの向上に繋がっていくことを期待しています。

(写真)
引渡式でのテープカットの様子(一番右がJICS職員)
(写真)
引渡式で設置された太陽光パネルの前に張られた旗
プロジェクト情報
案件名 太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画
交換公文署名日 2009年12月24日
供与(E/N)額 4.8億円
調達代理契約 2010年1月27日
契約相手 パラオ国公共施設・産業・商業省
実施機関 パラオ国電力公社
プロジェクト概要 パラオ国際空港駐車場への太陽光パネル(225kW)の設置
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、機材納入契約の締結など必要なサービスの調達および資金管理を含む案件全体の監理を実施
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せ Englishサイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大