JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
パレスチナ 太陽光発電システムが農産加工団地に完成
TOP事業無償資金協力関連事業環境プログラム無償

パレスチナ地図へ

2012年8月3日

(写真)
完成した太陽光発電システム

(写真)
発電状況を確認するモニター

 2012年7月17日、プロジェクト関係者が気温46度を超える灼熱のジェリコにおいて、太陽光発電システムの機能を一つ一つ確認しながら最終検査を行いました。その結果を受け、ラマダンを目前に控えた同19日、パレスチナ暫定自治政府・エネルギー・天然資源庁にて太陽光発電システムの引渡し署名が行われました。

 パレスチナ暫定自治区はイスラエルの占領下にありますが、エネルギー資源に恵まれていないこの土地において、特にエネルギー問題はイスラエルの占領政策により、非常に厳しい状況におかれています。JICSは、日本国政府の実施する対パレスチナ向けノン・プロジェクト無償により、石油製品の調達を行っていますが、パレスチナは増加する電力需要に対応した費用の増大に非常に苦慮する状況が続いています。

 本プロジェクトはパレスチナ暫定自治地区における初めての大規模な太陽光発電であり、パレスチナにとっては大きな可能性を秘めた第一歩となりました。また、本プロジェクトサイトは日本国政府が整備を促進している農産加工団地の一画に位置し、「平和と繁栄の回廊※1」構想及び再生可能エネルギーに係る日本国の取り組みを相乗的にアピールする、まさに日本国の対パレスチナ支援の顔となることが期待されています。

 引渡し署名時に、施主であるパレスチナ暫定自治政府・エネルギー・天然資源庁長官補佐のジャマル・アブ・ゴッシュ氏は、このプロジェクトが太陽光発電システムに対する取り組みの大きな前進であるとして謝意を表されるとともに、今後、パレスチナにおけるより一層の再生可能エネルギーの発展を牽引して行く決意を示され、プロジェクト関係者の労をねぎらわれました。

※1:平和と繁栄の回廊:イスラエルとパレスチナの共存共栄に向けた日本の中長期的な取り組みのことで、パレスチナ、イスラエル、ヨルダン、日本の4者からなる協議体を立ち上げ、日本のODAを戦略的・機動的に活用しつつ、域内協力の具体化に取り組むことも含まれています。

(写真)
最終検査実施前の項目確認
(写真)
受領書にサインをするジャマル長官補佐
(左より2人目)

プロジェクト情報
案件名 太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画
交換公文署名日 2009年12月21日
G/A公文署名日 2009年12月21日
供与(E/N)額 6.00億円
調達代理契約 2010年1月6日
契約相手 パレスチナ暫定自治政府・エネルギー・天然資源庁
実施機関 パレスチナ暫定自治政府・エネルギー・天然資源庁
プロジェクト概要 ジェリコに所在する農産加工団地への太陽光発電システム(300kW)設置とともに、太陽光発電システムに係る基礎知識習得や保守点検方法等の技術研修を実施
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、必要な機材・サービスの調達および資金管理を含む案件全体の管理を実施
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せ Englishサイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大