JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
HIV感染症対策のための調達監理契約の締結
TOP事業無償資金協力関連事業感染症対策無償

 〜HIV感染拡大の危険性の低減と適切なる性感染症の治療に寄与〜
タンザニア連合共和国 第二次感染症対策計画《平成16年度感染症対策無償》
 2004年6月4日、タンザニアの感染症対策のための無償資金協力として、「第二次感染症対策計画」の実施が、日本政府とタンザニア政府との間で決定されました。
 これを受けて7月26日、JICSはこの計画の調達監理機関として、入札手続、機材の納入業者契約、機材検収を行う旨の契約を同国保健省と締結しました。
 タンザニアでは、1985年より2002年に渡り継続的にHIVの諸対策を実施してきましたが、HIV感染者は依然として増加し続け、2002年末で感染者数は150万人に達し、年間死亡者数は14万人と推定されています。
 このような状況を改善するために、日本政府は同国保健省が実施する「感染症対策計画」を平成14年度より支援し、JICSは簡易機材調査の時点からこの計画に関わっています。
 この計画が実施されることによって、輸血によるHIV感染拡大の危険性の低減、適切な性感染症の治療を受けられる患者の増加、また、HIVカウンセリングセンターが効果的に活動できるようになることによって、感染率の低下、母子間感染の低減が期待されています。
(写真)契約書を交換 調達監理契約の署名後、契約書を交換するタンザニア保健省M.J. Mwaffisi事務次官(左)とJICS伊藤プロジェクトマネージャー(右)  
プロジェクト情報
プロジェクト名
タンザニア 第二次感染症対策計画(平成16年度感染症対策無償)
政府間決定日
2004年6月4日
供与(EN)額
3.02億円
納入日
2005年10月予定
プロジェクト内容
タンザニアのHIVおよび梅毒対策のために必要な機材の調達
JICSの役割
調達監理機関として進捗管理(入札開催、調達業者選定、機材検収)を実施。JICSは2001年より2年間に渡って調達監理を実施してきており、今回は同プロジェクトの3回目
調達品目
HIV検査キット、梅毒の検査キット、性感染症治療薬を含めた16品目
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
文字表示縮小 文字表示標準 文字表示拡大 English お問い合せ サイトマップ