JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
アフガニスタン ダシュテバルチ病院に研修施設等が完成 文字表示縮小 文字表示標準 文字表示拡大 English お問い合せ サイトマップ
TOP事業無償資金協力関連事業緊急無償

 〜より円滑な病院の運営を目指して〜
アフガニスタン緊急無償 アフガニスタン地図へ

2008年6月30日

(写真)
完工したダシュテバルチ病院の研修施設

(写真)
開所式でスピーチする病院長

 ダシュテバルチ病院は、カブール市の西部に位置する病院です。2006年2月のアフガニスタン国保健省からの要請に基づき、「アフガニスタンに対する第二次緊急無償」の残余金を活用して、この病院に宿舎を含む研修施設、研修生宿泊施設、厨房施設、洗濯施設の建設、併せて既存施設の改修を実施することとなりました。

 本件においてJICSは、これまでの緊急無償と同様、建設会社の選定及び工事の監理業務を実施してきました。入札の結果、建設会社として地元カブールの企業を選定し、2007年8月1日に着工、2008年4月22日に完工することが出来ました。また2008年5月28日には、保健省副大臣、在アフガニスタン日本国大使他が出席して開所式も行われました。
これら施設の完成により、必要な研修並びに入院患者や研修員への食事の提供、及び病院内のリネンの洗濯等が円滑にできるようになることが期待されています。

 なお、本病院においては、今後独立行政法人国際協力機構(JICA)によって技術協力プロジェクトも実施される予定です。無償資金協力による施設の充実のみではなく、技術協力プロジェクトを活用した人材育成も行われることで、より一層効果的に利用されることが見込まれています。

プロジェクト情報
プロジェクト名 アフガニスタン緊急無償
政府間決定日 2002年3月22日
供与(EN)額 1,607,000,000 円
契約相手 アフガニスタン国保健省
プロジェクト概要 平成13年度アフガニスタンに対する第二次緊急無償で医療器材、試薬等を調達してきた。今回のプロジェクトでは残余金を用い病院既存施設の改修、研修/宿泊棟及び厨房/洗濯棟の建設を実施。
JICSの役割 本プロジェクトの調達監理機関として、進捗監理(施工業者選定及び契約、進捗及び資金管理)を実施
調達品目 1 既存分娩棟の改修
2 研修/宿泊棟建設
3 厨房/洗濯棟建設
プロジェクトの主な流れ 2007年8月1日 着工
2008年4月22日 完工
2008年5月28日 開所式
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved