JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ジャワ島中部地震 調達物資の配布・活用状況を調査
TOP事業無償資金協力関連事業緊急無償

インドネシア国 インドネシア地震緊急無償 <平成18年度緊急無償>

2006年12月19日

 2006年5月27日に発生したジャワ島中部地震に関し、6月5日、日本政府はインドネシア国に対して緊急無償資金協力を実施することを決定しました。これを受け、JICSはインドネシア政府と調達監理契約を締結、7月16日までに生活支援に必要な物資(大型テント約3,700張、小型テント約3,200張、プラスチックシート約2,400枚、毛布約19,500枚)全てを調達し、引渡しました。

 この納入完了にともない、JICSは、第三者機関に依頼し、物資の配布・活用状況を調査するためのモニタリングを8月2日から2ヶ月間実施しました。
モニタリングでは、全調達物資の3分の1を対象に、被災地の地方政府やテントが配布された学校(2州6県64郡の636校)、一般家庭(788家族)に対し、物資の受領状況やテントの活用方法について聞き取り調査を行いました。

 聞き取り調査の結果、テント利用者全体のうち8割以上の人々が、日本政府による緊急支援物資の供与は大変役立ったと回答しており、また、約9割の人々が、テントは日本政府からの援助物資であると認識していることがわかりました。

 学校の教室として活用されている大型テント内には、現地の竹を用いた間仕切りなどが設置されており、より効果的にテントを利用しようという現地の人々の創意工夫も見られました。また、聞き取り調査では、子ども達が、校舎の再建中も安全なテントの中で授業を受けられることを喜んでいること、各地の学校関係者が、テントが迅速に配布されたことに感謝していることがわかりました。

 また、家屋が倒壊した人々に配布された小型テントは、生活の場として利用されるのみでなく、復興状況に応じ、地域の集会場としても利用されている例もあり、支援物資が地域社会の復興のために有効に活用されていることが覗えました。

 今回の調達物資の配布に関しては、配布方法の決定に多少時間を要したことについて、改善の余地があるとの指摘もありました。今回のモニタリング結果を基に、今後の援助活動にも役立てていく方針です。

 なお、本プロジェクトに関するJICSの活動に対しては、中部ジャワ州クラテン県から感謝状が贈られるなど、インドネシア政府関係機関から支援物資を受領した学校や家庭に至るまで広く評価されています。

(写真)
Gunung Kidul小学校の教室として使用されているテント

(写真)
間仕切りを竹で作り、2教室に分けられたテント内で授業を受ける子供たち

(写真)
クラテン県で活用されている家庭用テント

(写真)
家具が運び込まれ、
快適に活用されている家庭用テント

(写真)   クラテン県より送付された感謝状
「(訳)この度の地震によるクラテン県内の被災地に対して頂いた救援に、クラテン地域社会の名において深く感謝申し上げます。そのご尽力が神に認められんことを」
プロジェクト情報
プロジェクト名
インドネシア国 インドネシア地震緊急無償 <平成18年度緊急無償>
政府間決定日
2006年6月5日
供与額
4.44億円
調達監理契約
2006年6月5日、インドネシア国緊急災害復興関連省庁(BAKORNAS)と調達監理契約(調達代理方式)を締結
完了
2006年7月16日(物資納入完了)、2006年10月2日(モニタリング完了)
プロジェクト概要
2006年6月5日、日本政府は、本件地震による被害に関し、被災民救援に必要とされるテント等、生活支援物資の調達のため、インドネシア共和国政府に対し、4億4,400万円(約400万米ドル)の緊急無償資金協力を決定した。
JICSの役割
本プロジェクトの調達監理機関として物資の調達および資金管理。調達物資の配布・使用状況についてのモニタリングの管理。
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
文字表示縮小 文字表示標準 文字表示拡大 English お問い合せ サイトマップ