JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
イラク人技術者が来日 機材トレーニングを実施しました 文字表示縮小 文字表示標準 文字表示拡大 English お問い合せ サイトマップ
TOP事業無償資金協力関連事業緊急無償

 〜日本の機材と技術をイラクへ〜
イラク共和国 ごみ・下水処理特殊車両整備計画(都市・公共事業省向け)<平成16年度緊急無償>

2007年11月6日

(写真)
実際に操作をしながら学ぶイラク人技術者

 2007年9月、イラクの都市・公共事業省から5名のイラク人技術者が来日しました。
 日本政府がイラクに対して実施した緊急無償「ごみ・下水処理特殊車両整備計画」の一環で、同国に納入されるごみ収集車の取り扱いやメンテナンスに関して研修を受けるためです。

 メーカーの工場で実施された研修では、日本人技術者より説明を受けた後、イラク人技術者ひとりひとりが実際に機材を動かし、操作方法などを確認しました。イラク人技術者からは、「これはどういう仕組みなのか」「どうしたら短時間で作業の効率を上げられるか」などといった質問が次々に飛び出し、イラク人技術者の高い学習意欲がうかがえました。
 研修を受けた5名はイラクに帰国後、日本で得た知識や技術を、今回の研修を受けることができなかった他の担当職員に対して指導することになっています。
 今年12月には、100台のごみ収集車がイラクに到着する予定です。今回研修を受けたイラク人技術者を中心として、日本から調達された機材がより一層有効に活用されることが期待されています。

(写真)
日本人技術者もイラク人技術者も真剣です
(写真)
イラク人技術者5名に修了証が渡されました
(写真)
イラクに輸送されるごみ収集車
(写真)
機材には日本の国旗と「from the people of Japan(日本国民より)」という言葉が英語とアラビア語で書かれたステッカーが貼られます。
プロジェクト情報
プロジェクト名 イラク共和国 ごみ・下水処理特殊車両整備計画(都市・公共事業省向け)<平成16年度緊急無償>
政府間決定日 2004年8月28日
供与(EN)額 36.43億円
調達監理契約 2004年8月28日、イラク都市・公共事業省と調達監理契約(調達代理方式)を締結
納品完了予定 2007年12月(ゴミ収集車100台を除く機材は納入済)
プロジェクト概要 イラク国内の廃棄物処理および下水道の普及・改善のために必要な機材を調達
JICSの役割 本プロジェクトの調達監理機関として、本プロジェクトの進捗管理(入札開催、業者契約、納入管理など含む)および資金管理を実施
調達品目 ごみ収集車162台、カーゴトラック20台、汚泥吸排車22台、高圧洗浄車32台、散水車20台、ホイールローダー46台等 合計355台(追加調達分含む合計数)
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved