JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
メキシコ 新型インフルエンザ対策緊急支援 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業緊急無償

メキシコ地図へ

2009年5月26日

(写真)
メキシコ市北バスターミナルで使用されているサーモグラフィー

(写真)
サーモグライフィーの使用には医師が常駐

 2009年4月下旬、メキシコにて新型インフルエンザが発生し、その感染が世界的に広がりつつあったため、世界保健機関(WHO)は警戒レベルをフェーズ5(かなりの数のヒト-ヒト感染があることの証拠がある)へと引き上げました。

 このような状況のなか、4月28日、メキシコ国政府より日本政府に対して、感染拡大の防止を目的とした、罹患者への手当てや検疫強化などの措置に必要な資機材(サーモグラフィー、マスク、ゴーグル、消毒液等)にかかる支援の要請がありました。

 これを受け、日本政府は5月1日に、メキシコにおける新型インフルエンザ疾患被害に対する具体的支援策として、メキシコ国政府からの要請を踏まえ、第一弾としてマスク19万枚、ゴーグル3,000個、使い捨て手術着3,000着、医療用使い捨て手袋3,000組、手洗い用消毒液1,370本などの緊急援助物資が供与されました。続く第二弾として、同国の空港等における検疫強化のためのサーモグラフィー25台を調達するための緊急無償資金協力の供与が決定されました。JICSは、このサーモグラフィーの調達に関し、5月3日に在京メキシコ国大使館との間で調達代理契約を締結し、本件にかかる調達手続きの実施、供与資金の管理などのマネジメント業務を行い、サーモグラフィーおよびその使用の際に必要となる器具を5月7日にメキシコシティ国際空港に納入しました。

 すべての物資はメキシコに到着後、新型インフルエンザの感染拡大防止対策として活用されています。

関係情報:外務省プレスリリース

(写真)
サーモグラフィーのモニター
(写真)
サーモカメラ
プロジェクト基本情報
供与(N/V)金額 7,650万円
口上書(N/V)交換日 2009年5月1日
調達代理契約 2009年5月3日
先方関係機関 在京メキシコ国大使館、メキシコ合衆国外務省、メキシコ合衆国厚生省、メキシコ合衆国通信・交通省
調達品目 サーモグラフィー、モニター、三脚、メモリーカード、予備バッテリー、接続用ビデオケーブルおよび操作指導
納入スケジュール 調達品目を乗せた飛行機は日本時間2009年5月7日夕刻に成田空港を出航し、現地時間の同日午後7時前にメキシコシティ国際空港へ到着した。
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved