JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ブルキナファソ食糧援助 現地NGOとの連携をいかして お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業食糧援助

食糧援助<平成19年度> ブルキナファソ地図へ

2009年7月21日

(写真)
2009年4月に行われた政府間協議(コミッティ)

(写真)
納入された米

 ブルキナファソは西アフリカの内陸に位置する国です。人口の約90%が農業に従事する農業国ですが、天水農業が中心であるため、気象条件に左右され生産が不安定でした。また、近年の気候変動の影響などで干ばつによる被害が深刻な年もあり、自国の農業生産だけでは食糧が不足する状況が続いていました。国連開発計画(UNDP)の人間開発指標(HDI)(2006年)では、177か国中174位にあり、国民の39%が慢性的に栄養不良の状態にあるとの報告がされています。
  こうした状況の改善のため、日本は同国政府に対して2003年度より食糧援助を実施してきましたが、依然として慢性的な食糧不足の状態にあることから、2008年2月22日、平成19年度食糧援助の実施が両国政府間で決定しました。

 JICSはブルキナファソ政府の調達代理機関として、政府米を輸送する業者の選定、納入管理などの業務を担当しました。2008年11月に米の調達は完了し、調達された米の配布状況や見返り資金の積み立て状況等をフォローする政府間協議(コミッティ)が2009年4月に行われました。
  ブルキナファソ政府側の実施機関からは、食糧不足が深刻化するなかで日本からの援助は同国の食糧安全保障に貢献するとして高く評価されました。

 本件でブルキナファソに調達された米の一部は、現地のNGOを通じて特に貧しい人々に無償配布されることになっていることから、日本のODAと現地のNGOとの連携をいかした援助として期待されています。

プロジェクト情報
プロジェクト名 食糧援助<平成19年度>
供与(E/N)額 4.90億円
プロジェクト概要 ブルキナファソ国の食糧不足問題に対して無償資金協力援助資金で必要な食糧の調達を実施
JICSの役割 調達代理機関として、本プロジェクトの進捗管理(入札開催、業者契約などを含む)および資金管理を実施
調達品目
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved