JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
平成16年度食糧援助(KR)調達監理業務始まる
TOP事業無償資金協力関連事業食糧援助

 〜まずはマダガスカルへ〜
食糧援助(平成16年度)
 マダガスカルでは、2004年2月および3月と2ヶ月連続して大規模なサイクロンが上陸し、国連食糧農業機関(FAO)の発表では、水稲30万トン余りに被害が出ました。また、同時期に現地通貨が急落し、コメを含む物資の輸入量が減少しました。これら生産と輸入減少の影響で、同国内のコメの流通量は減り、米価が高騰しました。
 この状況を改善させるため、同年9月14日、マダガスカルに対する食糧援助(KR)が日本と同国政府の間で合意され、日本の政府備蓄米が調達されることになりました。
 JICSは本援助にかかる入札手続、納入管理等を行なう調達監理機関として、同年10月1日、マダガスカルの農業牧畜水産省と調達監理契約を結び、2005年2月、援助米約4,700トンを届けました。首都アンタナナリボでは、両国政府関係者による引渡式が行なわれました。
 現在、この政府備蓄米の販売がマダガスカル国内で進んでおり、食糧不足解消の一助となることが期待されています。
(写真)コメ (写真)引渡式
マダガスカルの市場で販売されているコメ 両国政府関係者によって援助米の引渡式が行なわれた
プロジェクト情報
プロジェクト名
マダガスカル共和国 食糧援助<平成16年度>
政府間決定日
2004年9月14日
供与(EN)額
2億円
プロジェクト概要
2004年、マダガスカルに大規模なサイクロンが2度上陸し、水稲30万トン余りに被害が出た。また、現地通貨が急激に暴落し、食料品の輸入が困難になってきた。これらの影響でマダガスカル国内のコメの流通量が減り、価格の高騰を招いている。この状況を改善させるため、コメを緊急に援助する。
JICSの役割
本プロジェクトの調達監理機関として入札を実施し、業者契約、輸送および引き渡しの監理を行なう。
調達品目
政府備蓄のタイ米
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
English サイトマップ お問い合せ 文字表示縮小 文字表示標準 文字表示拡大