JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
アフガニスタン 道路維持管理拠点としての機能回復に向けて お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業ノン・プロジェクト無償

 〜「カブール道路技術センター整備計画」が完了しました〜
アフガニスタン国 道路セクター・プログラム無償<平成18年度> アフガニスタン地図へ

2009年7月8日

(写真)
再建されたカブール建機センター

 アフガニスタンは、20年以上にわたる内戦により壊滅的な状態にあった国家基盤を復興するため、国際社会の援助を受けながらさまざまな復興活動を行っています。
 日本は2002年1月にアフガニスタン復興支援国際会議(東京会議)を主催するなど、同国への復興支援に積極的に取り組んでいます。なかでもインフラの復興、整備に関する支援を重視しており、輸送・物流の回復を通じた経済の安定化に向けて、これまでも同国の道路セクターに対する支援を行ってきました。

 これらの道路セクターに対する支援の一環として、2007年2月13日、アフガニスタン政府の要請に応じて日本政府は「カブール道路技術センター整備計画」の実施を決定しました。これを受けてJICSは同年2月22日、アフガニスタン国公共事業省と調達代理契約を締結し、コンサルタント、建設会社、機材納入商社の選定や、案件全体の調達監理及び資金管理業務を実施してきました。

 本プロジェクトは、アフガニスタンの道路維持管理を行う「カブール建機センター(KCMC)」の施設改修・再建、不足していた整備機材の調達、スタッフに対する機材の初期操作指導を行うものです。
 2008年1月15日に開始された施設の改修・再建工事は同年12月3日に完工し、2009年1月6日には、アフガニスタン公共事業大臣、在アフガニスタン日本国大使、その他多くの関係者の出席のもと完工式典が行われました。このカブール建機センターは、現在、国際協力機構(JICA)による技術協力の場としても活用されています。

(写真)
完工式典でテープカットを行う両国の関係者
(写真)
完工式典でスピーチするアフガニスタン公共事業大臣
プロジェクト情報
プロジェクト名 アフガニスタン国 道路セクター・プログラム無償<平成18年度>
政府間決定 2007年2月13日
供与額 8.0億円
調達監理契約 2007年2月22日、アフガニスタン国公共事業省と調達監理契約(調達代理方式)を締結
事業完了日 2008年12月3日
プロジェクト概要 施設の改修・再建、及び修理機材の調達、現地技術者に対する調達機材の初期操作指導・運用指導を実施
JICSの役割 本プロジェクトの調達監理機関として進捗管理(入札開催、業者契約なども含む)及び資金管理を実施
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved