JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
JICSについて 事業 無償資金関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス 採用 リンク集
カンボジア JSACスタッフが勲章をいただきました
TOP事業無償資金協力関連事業紛争予防・平和構築無償
カンボジア王国 紛争予防・平和構築無償 <平成16年度>

2008年4月8日

(写真)
勲章を受領したスタッフたち


引渡し式典 竹内プログラムマネージャーによるテープカット

 20年におよぶ内戦によって、カンボジア国内に蔓延した小型武器は、現在も市民の生活を脅かしています。2003年4月21日にJICSはJSAC(日本小型武器対策支援チーム)を結成し、カンボジア国内務省とともに、日本政府の「カンボジアにおける平和構築と包括的小型武器対策プログラム」の実施に取り組んできました。

 2008年2月25日、カンボジアのコンポントム州において本プログラムで建設、調達した施設や資機材の引き渡し式典が開催されました。
  この式典では、JSACからコンポントム州知事に対して学校校舎2棟、井戸54基等が、また、コンポントム州警察本部長に対しては、交番3基、小型武器倉庫1基が引き渡されました。

 今回の式典においては、州知事からJSACのスタッフに対する勲章の授与も行われました。この勲章は「モニ−・サラポアン」というもので、研究・文学・科学・芸術・福祉分野において貢献した人を賞するものです。今回は「モニー・サラポアン」のなかでも、国王により認証される「モハーセーナー(Grand Officer:最高爵士)」を竹内プログラムマネージャー含むスタッフ2名が、また、首相により認証される「タパダン(Commander:上級勲爵士)」を5名が、さらに同じく首相によって認証される「セーナー(Officer:第4爵士)」という勲章を2名が受勲しました。
  今回の受勲はJSACのこれまでの取り組みがカンボジア政府に認められたもので、スタッフたちの大きな励みになりました。

 これまでJSACの指揮をとってきた竹内プログラムマネージャーは、JSACの取り組みについて次のように振り返っています。「JSACはカンボジアにおいて武器が不要な社会を作ることを目指して活動してきました。そして、その効果はあったと感じています。小型武器の破壊式典には、副首相をはじめとする多くの人が参加し、新聞などのメディアでも大きく取り上げられました。平和の文化をカンボジア国に広めるインパクトを与えることができたと考えています。」

 日本では平和は当たり前のように感じられるときもありますが、平和を維持するためには、社会全体での努力が必要です。JICSは、JSACを通じてカンボジアで行ってきた活動を、今後ほかの地域の平和構築支援でも活かしていきます。

※JSACの活動内容についてはホームページをご覧ください。 日本小型武器対策支援チーム(JSAC)

(写真)
引き渡された交番
(写真)
引き渡された井戸
プロジェクト情報
プロジェクト名 カンボジア王国 紛争予防・平和構築無償<平成16年度>
政府間決定日 2005年1月18日
供与額 4.66億円
調達監理契約 2005年2月9日カンボジア国内務省と調達監理契約(調達代理方式)を締結
プロジェクト概要 カンボジアでは、長い内戦がもたらした多数の小型武器の存在が同国の治安を脅かし、平和で安定的な社会構築の妨げになっている。国際社会は同国の平和構築に対する包括的な対策を実践し、日本政府も2003年4月に「カンボジアにおける平和構築と包括的小型武器対策プログラム」を開始、現在フェーズ2を展開中。
JICSの役割 JICSはプログラム実施を担当する日本小型武器対策支援チーム(JSAC)を組織し、現地に派遣、この活動を監理・支援している。
調達品目 資機材の調達だけではなく、プログラム実施の過程で建設される小学校、交番等施設の建築に必要な資機材や役務の調達、また、意識向上のためのメディア活動等の監理・支援を行っている。
プロジェクト期間 <フェーズ1> 2003年4月〜2005年9月
<フェーズ2> 2005年9月〜2009年3月(予定)
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
文字表示拡大 文字表示標準 文字表示縮小 English サイトマップ お問い合せ カンボジア地図へ