JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
インドネシア 津波復興支援 アチェ西岸道路日本担当分開通
TOP事業無償資金協力関連事業ノン・プロジェクト無償

 〜本格的な復興への足がかり〜
インドネシア国 津波支援ノン・プロジェクト無償<平成16年度ノン・プロジェクト無償>

2007年1月16日

(写真)
盛土工
(写真)
道路開通式

 2004年12月26日に発生し、多くの被害を招いたスマトラ沖大地震およびインド洋津波被害に対し、日本国政府はノン・プロジェクト無償資金協力を実施し、様々なインフラ施設整備プロジェクトを行いました。

 これらのプロジェクトのうちのひとつであるアチェ州ムラボーとチャラン間を結ぶ西岸道路が完成し、2006年12月26日に開通式が執り行われました。
本プロジェクトは被災した既存道路122.3kmの復旧を目的としたものであり、2005年12月1日から工事が開始され、JICSは工事に必要な一部建機・資材の調達および施工業者・施工監理コンサルタントの調達とプロジェクト全体の資金管理を行いました。

 開通式には日本側代表として在インドネシア日本国大使館より佐藤悟公使が出席し、インドネシア側から出席したアチェ・ニアス復興再建庁(BRR)、アチェ州、西アチェ県の代表者より日本への感謝の言葉とともに、道路の開通により市民生活の向上に大いに貢献することなどが述べられました。

 本道路の開通により、工事開始前は7時間以上を要していた同区間の通行が約2時間半に短縮しました。今後は地域全体の物資流通事情が改善され、地域経済の復興・発展に資することが期待されます。

(写真)
(写真)
工事前後
プロジェクト情報
プロジェクト名
インドネシア国 津波支援ノン・プロジェクト無償<平成16年度ノン・プロジェクト無償>
政府間決定日
2005年1月17日
供与額
146億円(内アチェ西岸道路整備向け契約実績額 約41億円)
調達監理契約
2005年1月17日、インドネシア国家開発企画庁(Bappenas)及び財務省と調達監理契約(代理方式)を締結
プロジェクト概要
インド洋沖津波及び地震で被災したインドネシア・スマトラ島北部アチェ州の西岸部を通る(ムラボー〜チャラン間)道路の復旧工事を行う
JICSの役割
本プロジェクトの調達監理機関として、進捗管理(業者選定、機材の納入管理、および資金管理)を実施
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
文字表示拡大 文字表示標準 文字表示縮小 English サイトマップ お問い合せ