JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
インドネシア 津波復興支援 アチェブサール県水道局長より記念品がJICSに贈呈されました
TOP事業無償資金協力関連事業ノン・プロジェクト無償

 〜各家庭に安全な水が供給できるようになりました〜
インドネシア 津波支援ノン・プロジェクト無償<平成16年度>

2007年11月1日

(写真)
アチェブサール県水道局 T. Aiyub Novizal 局長から記念品が贈られました。関係者の笑顔が本当に嬉しそうです。

(写真)
給水車による飲料水の配給を余儀なくされていた地域にも、ノン・プロジェクト無償資金協力によって安全で安価な水が各家庭まで配水されるようになりました。

 2007年9月10日、インドネシア国アチェブサール県水道局より、同県の水道施設復旧協力に対する記念品がJICSバンダアチェ事務所の白瀬所長に贈呈されました。

 日本政府はノン・プロジェクト無償により3か所(アチェブサール県、ニアス島グヌングシトリ市、バンダアチェ市)の水道施設復旧工事を実施しています。今回は、そのうちのひとつであるアチェブサール県から復旧工事におけるJICSの協力に対して記念品が贈呈されたものです。
 アチェブサール県の水道施設は、復旧完了後の2007年2月15日に正式に県に引き渡されています。この水道施設が、地域住民の生活状況および衛生面の改善に大きく寄与したとして、住民からの要望もあり、JICSに対して感謝の意が表されたものです。

 同じくノン・プロジェクト無償で復旧工事を行ったニアス島グヌングシトリ市の水道施設の復旧工事も完工しており、2006年12月から住民への給水事業が開始されています。
 また、本支援の対象である3か所のうち最も被害が大きかったバンダアチェ市でも、できるだけ早く住民への給水を再開したいという気持ちを強く持ち工事を進めてきました。その結果、無事に10月23日に先方機関へ引渡しを完了しました。
 今後は、地域の水道局の技術者で施設の維持管理ができるように、この工事で培ったノウハウも含めた技術移転を行っていきます。

 普段、私たちは水道から水が出てくることをあまり意識していません。しかし、水は私たちの生活になくてはならない大切なものです。今回の地域住民の方々の貴重なご好意をしっかりと受け止め、JICSは今後もさまざまな案件をサポートしていきます。

プロジェクト情報
プロジェクト名 インドネシア 津波支援ノン・プロジェクト無償<平成16年度>
政府間決定日 2005年1月17日
供与額 146億円
調達監理契約 2005年1月17日、インドネシア国 国家開発企画庁/財務省と調達監理契約(調達代理方式)を締結
プロジェクト概要 2004年12月26日に発生したスマトラ沖地震インド洋津波災害により地域住民のライフラインである上下水道システムに壊滅的な被害を受けたスマトラ島北部バンダアチェ市、アチェブサール県、ニアス島グヌングシトリ市に対して、日本のノン・プロジェクト無償により必要な機材の調達および水道設備の復旧工事等を行う。
JICSの役割 本プロジェクトの調達監理機関として、本プロジェクトの進捗管理(入札開催、業者契約、納入管理、資金管理)を実施。
調達品目 (ア)バンダアチェ市の水道施設復旧 一式
(イ)アチェ・ブサール県の水道施設復旧 一式
(ウ)ニアス島グヌングシトリ市の水道施設復旧 一式
(エ)その他の施設維持管理用建設機械 一式
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
文字表示拡大 文字表示標準 文字表示縮小 English サイトマップ お問い合せ