JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
JICS理事長がインドネシアを訪問
TOP事業無償資金協力関連事業ノン・プロジェクト無償

 〜ニアス島の中核病院の早期復興を目指して〜
インドネシア 津波支援ノン・プロジェクト無償<平成16年度>

2007年11月22日

(写真)
式典出席者の記念写真
(写真)
インドネシア政府関係者より記念の名士用ジャケットと碑の贈呈を受けました
(写真)
フェーズ3の工事現場にてコンクリート製の記念碑に署名をするJICS佐々木理事長

 佐々木理事長が2007年11月6日から11日までインドネシアを訪問し、ニアス島グヌンシトリ病院フェーズ3の起工式に出席しました。
 ニアス島は、スマトラ島から140km西方の海上に位置する北スマトラ州最大の島です。ニアス島にある唯一の国立病院が当該プロジェクトの対象となっているグヌンシトリ病院で、ニアス島全域をカバーする地域中核病院として位置づけられています。
 このグヌンシトリ病院も、2004年12月26日に発生したスマトラ沖大地震およびインド洋津波、またそれに続き2005年3月28日にスマトラ島北西沖を震源として発生したニアス地震で大きな被害を被り、地域の中核病院としての機能を発揮できない状況にありました。このような状況の下、同病院の復興計画が策定され、各国の支援が集まり、日本政府もその一翼を担うことになりました。日本政府はインドネシア政府からの要請に基づき、フェーズ3を担当することとなりました。
 全体は4つのフェーズに分けられ、フェーズ1と2の工事はつい先日完工し、今回はそれらの完工式とフェーズ3の起工式を兼ねたものとなりました。

 起工式典にはバクリー国民福祉担当調整大臣およびアチェ・ニアス復興庁クントロ長官を初めとする多数のインドネシア政府関係者と日本を含む支援国の援助関係者が集い、盛大なものとなりました。佐々木理事長は他の支援側出席者とともに、インドネシア政府関係者から記念の名士用ジャケットと碑の贈呈を受けました。その後に視察したグヌンシトリ病院の工事現場では、生乾きのコンクリート製の記念碑の面にインドネシア政府関係者とともに署名を行いました。このコンクリート版は大切に保管され、竣工の際に病院内に記念碑として飾られることとなります。
 行程中、天候不良のためフライトの変更を余儀なくされるなどハプニングにも見舞われましたが、インドネシアの現職大臣や現地市長から直接、深い謝意の言葉をいただくなど、支援が現地の災害復興に貢献していることを実感できる訪問となりました。

 今後もJICSはインドネシア国政府関係者との連絡を密に取りながら、復興への支援を続けていきます。

プロジェクト情報
プロジェクト名 インドネシア 津波支援ノン・プロジェクト無償<平成16年度>
政府間決定日 2005年1月17日
供与額 146億円
調達監理契約 2007年1月17日、インドネシア国 国家開発企画庁/財務省と調達監理契約(調達代理方式)を締結
プロジェクト概要 2004年12月26日に発生したスマトラ沖地震インド洋津波およびそれに続き2005年3月28日に発生したニアス地震により被災した、地域の中核病院であるニアス島グヌンシトリ病院復興計画のフェーズ3として、日本のノン・プロジェクト無償により施設の復旧工事等を行う。
JICSの役割 本プロジェクトの調達監理機関として、本プロジェクトの進捗管理(入札開催、業者契約、納入管理、資金管理)を実施。
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
文字表示拡大 文字表示標準 文字表示縮小 English サイトマップ お問い合せ