JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ネパール JICSが調達した投票箱が制憲議会選挙で使用されました
TOP事業無償資金協力関連事業ノン・プロジェクト無償
ネパール国 ノン・プロジェクト無償<平成18年度>

2008年5月8日

(写真)
調達された投票箱。ステッカーは、ピンク地と水色地の2種類があり、小選挙区用と比例代表用に使い分けられた。なお、ステッカーには「日本国民から供与された」とネパール語と英語とで記載されている

(写真)
在ネパール日本大使(当時)から選挙管理委員会へ投票箱が引き渡された

 2008年4月10日、ネパールの民主化への歴史的な一歩である制憲議会選挙の投票が行われました。当初は2007年6月に予定されていましたが、二度の延期を経てようやく実施されました。推定投票率は60%を超えたと報道されており、国民の関心の高さがうかがわれます。

 この制憲議会選挙に使用された投票箱は、平成18年度ノン・プロ無償の資金の一部を使用して調達されたものです。JICSは調達代理機関として実際の調達を担いました。当初予定されていた2007年6月の選挙のためには、4月末までに投票箱を全国5か所の選挙管理委員会事務所に届ける必要があり、無償資金供与に係るネパール・日本両政府間の交換公文が署名された2006年12月15日以降ただちに調達に取りかかりました。
  ネパールでは長い間、選挙が行われておらず投票箱がなかったため、投票箱の仕様から決めていく必要がありました。山岳国であるネパールでは、運搬しやすいよう軽量で積み重ねることができるプラスチック製の投票箱がふさわしいと考えられました。
  最終的に比例代表用、小選挙区用の2種類のステッカーなどとともに6万個の投票箱を無事に納入することができました。2007年4月11日にはネパール選挙管理委員会と在ネパール日本大使との間で引き渡し式が行われ、式の模様は現地テレビニュースや新聞でも大きく取り上げられました。

 その後、二度の選挙延期を経てようやく選挙が実施され、投票箱が陽の目を見ることができたというニュースに、調達に携わった関係者一同は喜びと安堵に満ちています。

プロジェクト情報
プロジェクト名 ネパール国 ノン・プロジェクト無償<平成18年度>
政府間決定日 2006年12月15日
供与額 11億円(うち、投票箱に係る契約金額は、約1.5億円。その他調達機材についても順次納入中)
調達監理契約 2006年12月22日、ネパール財務省と調達監理契約(調達代理方式)を締結
完了予定 2007年5月6日 投票箱全量納入完了
プロジェクト概要 ネパールにおいて2007年6月に予定されていた制憲議会選挙に使用する投票箱をノンプロジェクト無償資金協力を用いて調達
JICSの役割 本プロジェクトの調達監理機関として調達(業者選定契約など)を実施
調達品目 投票箱60,000箱、蓋と箱本体を封印するための留め具 860,000本、ネパール選挙管理委員会ロゴ入りステッカー 60,000枚
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
文字表示拡大 文字表示標準 文字表示縮小 English サイトマップ お問い合せ ネパール地図へ