JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
JICSについて 事業 無償資金関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス 採用 リンク集
現地モニタリング実施
TOP事業無償資金協力関連事業紛争予防・平和構築無償
シエラレオネ共和国 紛争予防・平和構築無償(平成14年度)
 内戦が続いていたシエラレオネの政府は、国連シエラレオネミッション(UNAMSIL)の協力を得て、1999年より「元兵士の武装・動員解除および社会復帰計画」を展開し、2002年1月にはカバ大統領より武装解除の完了が宣言されました。しかし、10年にもおよぶ内戦で、国内の主要施設や水道、電気などの設備が破壊され、産業も大きな打撃を受けたために経済は低迷しています。
 日本政府は、シエラレオネへの資金協力によってイギリス政府がシエラレオネで展開してきた「社会再統合プログラム」を支援し、シエラレオネの復興に貢献しています。このプログラムでは、元兵士や戦争被害者のニーズ確認、元兵士と住民の和解、農業と水産業の持続的な開発と利用、小規模起業支援、住環境や社会インフラの改善を主な事業としています。
 JICSは日本政府から供与された資金の管理を行っています。また、より透明性の高い事業の実施ができるようモニタリングを行い、資金の使用目的やプログラムの効果を確認しています。
 2003年9月24日〜10月5日の現地モニタリングでは、JICSの職員2名がイギリス政府およびシエラレオネ政府の職員とともに約20の事業を視察し、全ての事業が適正かつ有効に運営されていることを確認しました。また、各事業が日本政府の協力を得て実施されていることが現地の人たちに十分理解されていることも確認できました。
(写真)井戸   (写真)製作した机  
職業訓練学校に作られた井戸を利用する住民 調達された資機材を使 用して職業訓練学校の木工コースの学生が製 作した机
(写真)渡し舟   (写真)寄宿舎  
Rokel川の対岸まで住民や物資を運ぶ渡し舟 新学期に合わせて完成した中学校の寄宿舎
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
文字表示拡大 文字表示標準 文字表示縮小 English サイトマップ お問い合せ