JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ブルキナファソ 「第四次小学校建設計画」で全ての小学校が完成、引渡し式を開催 お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業コミュニティ開発支援無償

ブルキナファソ地図へ

2013年3月29日

(写真)
両国の旗を持った生徒たちの出迎え

(写真)
クンバ大臣と杉浦大使によるテープカット

 ブルキナファソの小学校では、深刻な教室不足により、1教室に100人以上がぎゅうぎゅうに詰め込まれたような状態で学ぶ学校や、ワラ葺き屋根や日干しレンガ造りなどの脆弱な教室棟が未だに多く存在しています。

 日本政府は第4回アフリカ開発会議(TICAD W)で表明した教育分野支援拡大の一環として、ブルキナファソの初等教育の機会拡大と質の向上を目的とした「第四次小学校建設計画」への無償資金協力の供与を2009年4月に決定しました。

 JICSはブルキナファソ政府の調達代理機関として、現地施工会社の選定および契約、ならびに資金管理と本プロジェクト全体の実施管理を行いました。工事期間中には、集中豪雨による建設現場への道の遮断や、暴動での治安悪化による在留邦人の一時国外退避など、困難もありました。しかし、プロジェクト関係者の多大な努力により、全ての学校が無事完成し、クリテンガ県、ブルグ県、ブルキエンデ県、ヤテンガ県に計237教室が建設され、11,850人の子どもたちの学習環境が改善されました。

 2013年2月5日、ブルキエンデ県のラロ校で引渡し式が開催され、ブルキナファソ国旗と日の丸を手にした約400人の生徒やコミュニティの人々がクンバ・ボリ・バリ国民教育識字大臣と杉浦勉在ブルキナファソ日本国大使を出迎えました。式典には森下拓道JICAブルキナファソ事務所長はじめ、プロジェクト関係者も多数出席し、地域住民による伝統ダンスや生徒による歌の披露で、小学校の完成・引渡しを盛大に祝いました。

 クンバ大臣は、日本国民に対する深い謝意を表し、新しい教室で学習できる機会を得たラロ校の子どもたちには、励ましと期待のメッセージを述べました。

(写真)
国歌斉唱
(写真)
生徒による歌の披露
(写真)
引渡し式の出席者 左よりJICA森下所長、
杉浦大使、クンバ大臣
(写真)
新築校舎の前で、クンバ大臣が生徒たちへ
メッセージを送りました

プロジェクト情報
案件名 第四次小学校建設計画
供与(E/N)額 9.98億円
交換公文(E/N)署名日 2009年4月2日
贈与契約(G/A)署名日 2009年4月2日
調達代理契約(A/A)締結日 2009年5月26日
契約相手(調達代理契約) ブルキナファソ国民教育・識字省
プロジェクト概要 クリテンガ県、ブルグ県、ブルキエンデ県、ヤテンガ県における小学校68校(237教室)の教室、教員宿舎、トイレ、井戸の建設および教室用機材等の整備
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、援助資金を管理するとともに、施工会社を始めとするプロジェクト推進に必要な役務や機材の調達及び全体管理を担当する。
調達品目 小学校校舎79棟(計237教室)、教員宿舎62棟、トイレ79棟、井戸17本、教育用機材等
プロジェクトの主な流れ/現状 2009年5月:調達代理契約締結
2009年7月:施工監理コンサルタントとの契約締結
2009年11月:第1バッチ(40校)入札会開催
2010年12月:第2バッチ(28校)入札会開催
2012年4月:第1バッチ全校の最終引渡完了
2013年3月:第2バッチ全校の最終引渡完了
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved