JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ベトナム コミュニティ開発支援無償 植林用林地を造成して生産性向上を目指す お問い合せ English サイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大
TOP事業無償資金協力関連事業コミュニティ開発支援無償

ベトナム地図へ

2009年12月22日

(写真)
エンバンクメント工事の様子

(写真)
エンバンクメント工事前

(写真)
完成したエンバンクメント

(写真)
工事後に植林されたメラルーカの苗木

(写真)
メラルーカの苗木を手にするカマウ省農業農村開発局副局長とJICS職員(左)

 ベトナム最南端のカマウ省で実施されているコミュニティ開発支援無償「カマウ省森林火災跡地コミュニティ開発支援計画」は、林地改良、水路、道路、橋、医療施設、教育施設などのインフラ整備および建設機械、木材加工機、病院機材の整備など、幅広い分野での支援を実施しています。
 JICSは調達代理機関として、本プロジェクト推進に必要な役務や機材の調達、プロジェクト監理および資金管理を担当しています。JICSが関わるコミュニティ開発支援無償案件では初めての「マルチコンポーネント型」案件として困難な点も多くありましたが、関係者との協力により、2009年7月までに機材調達が完了し、2009年12月現在、各施設の建設工事が行われています。

 このプロジェクトの大きな柱のひとつは、カマウ省ウミンハ地区の約500ヘクタールの土地に「エンバンクメント」と呼ばれる土盛りを作る、植林用林地の造成工事です。
 この地域の土壌は酸性土壌であるため、農作物の生育には適していません。そのなかで地域の住民は、ベトナムで建設用の杭などに使われる「メラルーカ」という耐酸性土壌の木を育て、収入源にしてきました。しかし、土地が冠水する雨季にはメラルーカの成長が阻害されるという課題がありました。
 そこで、メラルーカの生産性を上げ、住民の収入を向上させるために計画されたのが、エンバンクメントを作る工事です。土盛りによって地盤レベルを上げるエンバンクメントを作ることで、雨季のメラルーカの冠水を防ぎ、成長を促すことが見込まれています。

 このエンバンクメントは、独立行政法人国際協力機構(JICA)によって行われた技術協力プロジェクト(「森林火災跡地復旧計画プロジェクト」(2004年2月〜2007年3月))により、その有効性は実証されていましたが、同国の経済的な制約により一部で導入されているのみでした。本プロジェクトでの本格的な導入に、ウミンハ森林公社、地域の住民の期待感は高まっています。
 さらに、エンバンクメント工事を行った場所にはモデルファームを併設し、メラルーカの植林だけでなく、稲作や果物の栽培、魚の養殖などを組み合わせ、より一層の所得の向上を目指すことも計画されています。

 2009年9月から、それぞれのエンバンクメント工事の部分引渡しが終了した現場で、ベトナム政府ウミンハ森林公社と地域住民によってメラルーカの苗木の植林が開始されました。苗木の植林には、雨季の期間中、ある程度水量の多い時期が適しています。雨季が終わる10月末頃までに、全体の約3割のエンバンクメントに苗木の植林が行われました。植林は、来年の雨季に再開される予定です。

本プロジェクトに関する過去の記事はこちらをご覧ください。
コミュニティ開発支援無償によるマルチプロジェクト

エンバンクメントにより地盤レベルを上げてメラルーカの冠水を防ぐ

プロジェクト情報
供与(E/N)額 9.05億円
契約相手 ベトナム国カマウ省地方人民委員会
プロジェクト概要 森林火災の発生などにより生活が不安定であり、ベトナム国内でも最貧困地域のひとつとされるカマウ省ウミンハ地区の復旧、開発・貧困削減のため、森林改良、インフラ整備などを行うことで、コミュニティ全体の生計向上を目指す。
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、本プロジェクト推進に必要な役務や機材の調達、プロジェクト監理および資金管理を担当する。
調達品目 林地改良、水路、道路、橋、医療施設、教育施設などのインフラ整備および建設機械、木材加工機、病院機材の整備など
プロジェクトの主な流れ/現状 【施設建設(全15ロット)】
2008年8月 設計コンサルタント2社と契約、設計調査開始
2009年3月 施工監理コンサルタントと契約
2009年6月〜7月 施工業者7社と契約、順次工事開始
【機材調達(全8ロット)】
2008年11月〜2009年3月 機材供給業者7社と契約、機材整備開始
2009年3月〜7月 機材引渡し、調達完了
納入(完了)時期 2010年5月末プロジェクト終了予定
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved