JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
スリランカ 環境プログラム無償 太陽光発電システムの導入の取り組みを支援
TOP事業無償資金協力関連事業環境プログラム無償

スリランカ地図へ

2010年8月11日

(写真)
佐々木理事長、プロジェクト担当のJICS職員らとの記念撮影
クリスチャンティ・ハプゴダ氏(写真中央)、チャンダナ・サマラシンゲ氏(左から2人目)

 スリランカは、近年の工業化の進展により、1990年代以降はエネルギー需要が増加しています。今後もますます需要が高まることが予想されていることから、再生可能エネルギーを利用した電力供給の方向性を探っていくことが大きな課題となっています。
 このような状況のもと、スリランカ政府は、2016年までに同国の総電力の10%を再生可能エネルギーでまかなう計画を打ち出し、同国初となる太陽光発電システムの導入に取り組むことを決定し、太陽光発電分野で高い技術力を持つ日本に支援の要請をしてきました。

 この要請をもとに日本政府は、気候変動の影響に対して脆弱な途上国において必要な気候変動対応(適応策支援)のための支援を行う「環境プログラム無償資金協力」の実施を決定し、2009年12月4日に「太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画」に関する交換公文を、スリランカ政府との間で締結しました。
 このプロジェクトは、ハンバントタ市郊外に太陽光パネルを設置することで、従来の火力発電による原油使用量の低減および二酸化炭素排出量の削減を目的としています。また、設置した太陽光パネルなどの機器の適切な維持管理についての指導も行われる予定です。

 JICSはこのプロジェクトに関して、スリランカ国財務計画省と調達代理契約を締結し、本プロジェクトに必要な機材、施設建設契約の締結など必要なサービスの調達および資金管理を含む案件全体の監理を行っています。
 2010年7月8日、スリランカ財務計画省対外援助局日本課長 クリスチャンティ・ハプゴダ氏とスリランカ再生可能エネルギー機構事務局長 チャンダナ・サマラシンゲ氏が、本プロジェクトにおける太陽光発電システム機材納入および設置、運転指導を行う会社選定を行う入札会に立ち会うため、JICSを来訪しました。

 入札会後は、JICS佐々木理事長と会談し、両国の環境問題に対する取り組みなどについて意見交換を行いました。
 また、本プロジェクトの調達代理機関であるJICSに対してのメッセージも伺うことができました。メッセージは、こちらのページでご覧いただけます

プロジェクト情報
案件名 太陽光を活用したクリーンエネルギー導入計画
交換公文署名日 2009年12月4日
供与(E/N)額 8.60億円
調達代理契約 2009年12月9日
契約相手 スリランカ国財務計画省
プロジェクト概要 ハンバントタ市郊外において太陽光パネルの設置および設置した機器の適切な維持管理についての指導
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、施設建設契約の締結など必要なサービスの調達および資金管理を含む案件全体の監理を実施
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せ Englishサイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大