モザンビーク 大統領をお迎えして「ナンプラ州中学校改善計画」の開校式が開催されました

モザンビーク地図へ

2015年8月27日

 平成27年6月5日、アフリカ南東部に位置するモザンビーク共和国のナンプラ州ナカラベイリャ郡ナカラベイリャ中学校で、フィリッペ・ジャシント・ニュシ モザンビーク共和国大統領、水谷章 駐モザンビーク日本国大使をお迎えし、開校式が開催されました。

(写真)
ナカラベイリャ中学校
(写真)
バスケットボールなどの競技を行うことができる屋根付き運動場(ナマパ中学校)

 中学校への就学率が低い北部ナンプラ州では、小学校を修了し中学校への進学を希望する子どもが増加していましたが、教室数の不足により入学できず多くの子どもが待機していました。日本政府は2008年に開催された第4回アフリカ開発会議(TICAD W)において、学校建設の支援を表明しており、この具体的支援策の一つとして、10億6,300万円の「ナンプラ州中学校改善計画」(資金援助)を決定し、JICAが贈与契約(G/A)に基づき資金を供与しました。このプロジェクトにより、中学校4校(49教室)の建設と、教室家具の調達が実施され、新たに5,000人以上の子どもたちが中学校に進学できることとなります。

 私達JICSは、本プロジェクトでモザンビーク政府と調達代理契約を交わし、同政府の代理人として、援助された資金の管理や、コンサルタントの雇用、施工会社の選定・契約および教室家具の調達、プロジェクトのマネジメント業務を実施しました。施工中の平成27年1月には、モザンビーク中部集中豪雨により首都マプト-ナンプラ間(幹線道路国道1号線)の輸送経路の要所において橋が陥落し、通行不能になり、橋復旧及び通常通行状況になるまで45日間も要しました。また、送電網破壊による停電も起こり、施工の進捗や現場運営に多大な影響を及ぼしました。さらに同年3月上旬に起きたナンプラ州の豪雨ではインフラが被害を受け、州内での輸送の需給逼迫、一部道路の大型車輌通行不能を含む輸送経路の状況悪化により、教室家具の輸送方法を変更して、大型車両で輸送可能な場所まで運び、その後小型車輌へ積み替えて輸送しました。

 しかし、どんな厳しい状況下であっても、プロジェクト関係者が共に対策を考え、一丸となって行動する事で、4校全て無事にモザンビーク政府へ引き渡しを終える事が出来ました。そして、完成した中学校の1校である、ナカラベイリャ中学校で、晴れて開校式を迎えたのです。

 開校式では、両国の国旗を掲揚し、ニュシ大統領による記念碑の除幕やテープカット、記念樹の植樹などが行われました。また、ニュシ大統領や水谷大使、ヴィクトル・マヌエル・ボルジュス ナンプラ州知事や須藤勝義JICAモザンビーク事務所長をはじめとした関係者が校内と授業を視察されました。ニュシ大統領が生徒に話しかけると、生徒は背筋をのばし、緊張した様子で答える場面もありました。当日は大勢の報道陣が取材に訪れていましたし、そのような中、大統領に話しかけられたら、緊張しますよね。

(写真)
ニュシ大統領による、記念碑除幕
(写真)
水谷大使と生徒による植樹
(写真)
ニュシ大統領から生徒たちに向けてのスピーチ
(写真)
ニュシ大統領と水谷大使が授業を視察

 JICSはモザンビークにおいて、南部のガザ州・マプト州での中学校建設プロジェクト(すでに完了)や、ナンプラ州モナポに初等教員養成校を建設するプロジェクト(実施中)にも調達代理機関として携わっており、現在首都マプトにプロジェクトオフィスを設置しています。これまでの経験を生かし、モザンビークでより多くの子どもたちがより良い環境ではやく学べるよう、迅速なプロジェクト実施に向けて取り組んでいます。

(写真)
(写真)
制服の着こなしもポーズもきまっている生徒たち

プロジェクト基礎情報

案件名 ナンプラ州中学校改善計画
供与(E/N)額 10.63億円
交換公文(E/N)署名日 2012年8月31日
贈与契約(G/A)署名日 2012年8月31日
調達代理契約(A/A)日 2012年10月16日
契約相手(調達代理契約) モザンビーク共和国教育・人間開発省
プロジェクト概要 ナンプラ州における中学校4校(49教室)の建設および必要な機材(教室家具)の調達
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、援助資金を管理するとともに、施工会社を始めとするプロジェクト推進に必要な役務や機材の調達およびプロジェクト監理を担当する。
調達品目 施工監理(コンサルタント)、学校建設(施工会社)、教室家具 (家具会社)
プロジェクトの主な流れ/現状 2012年11月:コンサルタントと契約
2013年10月:施工会社と契約
2013年11月:着工
2014年4月:家具会社と契約
2015年3月:全4校が竣工
(C) Copyright Japan International Cooperation System (JICS) All Rights Reserved.