ネパール 「コミュニティ交通改善計画」において待望の橋梁が完成、開通式を開催

ネパール地図へ

2013年7月4日

 ネパール連邦民主共和国(以下、「ネパール」)では、交通・物流ともに自動車がこれらの大部分を担い、道路が農村部と都市を結ぶ重要な役割を持っているにもかかわらず、道路網の構築とその維持に脆弱な地質と急峻な地形という大きなハンディキャップを負っています。このような状況のもと、ネパール政府は、地方レベルの開発計画として「Local Infrastructure Development Plan, 2004」を策定し、地方交通網の整備をはじめとする地方インフラ開発を継続的に進めることが計画されました。この計画の一環として、ネパールの中央地域5郡(マホタリ郡、シンズリ郡、ラメチャップ郡、カブレパルトーク郡、シンドゥパルチョーク郡)のコミュニティを結ぶ地方道路上の主要渡河地点における橋梁建設(コミュニティインフラ)の協力を日本政府に対し要請しました。これを受け、JICAによる協力準備調査が行われ、その結果、2010年3月に本プロジェクトの実施が決定されました。

 JICSはネパール政府の調達代理機関として、本プロジェクトの実施に必要な設計・施工監理コンサルタントの雇用や現地施工会社の選定・契約、資金管理を含むプロジェクト監理を担当し、非常に厳しいネパールの自然環境下で、着実な橋梁の完工を目指し、プロジェクトを進めてきました。

 この度、シンズリマディとビムスタンを結ぶ幹線道路に地元住民が待望していた橋梁(橋長50.8mのダミレ橋)がシンズリ郡に完成し、2013年6月9日に完成と開通を祝う式典が開催されました。

(写真)
完成したダミレ橋(シンズリマディ−ビムスタン道路)

 開通式には、本プロジェクトの実施機関であるブーペンドラ バズネットネパール国連邦・地方開発省地方インフラ開発農道局長、在ネパール日本大使館星野久史一等書記官、及びJICA末兼 賢太郎ネパール事務所代表をはじめとした関係者に加え、地元住民も約500名が参加しました。この地元住民の多さは、いかに橋の完成を待ち焦がれていたか、その望みと喜びの大きさを物語っていたように思います。

(写真)
日本とネパールの代表者によるテープカット
(写真)
星野書記官とブーペンドラ局長による記念碑の除幕

 開通式では、ネパール側と日本側の代表によるテープカットを行ない、参加者全員で、橋の上を一歩一歩、感触を確かめるように歩きました。さらに、ネパールと日本の友好を記した記念碑の除幕を行った後、両国の代表者によるスピーチが行われました。

 スピーチでは、星野書記官が「ネパール政府の方々、施工会社そして地元住民の皆様の多大な協力によりダミレ橋が本プロジェクトの中で最も早く完成しました。」と称えると地元住民からの割れんばかりの拍手と喝采が沸き起こりました。

 また、それに応えるようにブーペンドラ局長が「日本の援助により大変立派な橋が完成しました。この橋が地域活性化のために大変重要な役割を果たすことになるでしょう。今後は、日本側の努力と成果を引き継いで、コミュニティでこの橋を維持し管理保守していくことが大切です。」と語り、橋への期待と自助努力の決意を述べられました。

(写真)
星野書記官のスピーチ
(写真)
ブーペンドラ局長のスピーチ

 ネパール国内は、長い間の紛争により地方の開発は停滞し、地方インフラも大きなダメージを受けました。都市部では、再開発が進んでいますが、地方まではなかなか開発が進まず、ネパール国内の格差の是正という観点からも、地方の開発が急がれている状況です。

 本プロジェクトにより、これまで雨期の間は長い間通行止めとなり、交通の要である車輌での通行が困難となっていた渡河地点に32本の橋が建設され、通年での住民や物流の移動が可能となり、コミュニティの生活改善と地域社会経済活動の活性化が期待されています。

(写真)
式典の最中、開通したばかりの橋を救急車が通過

プロジェクト基礎情報

案件名 コミュニティ交通改善計画
供与金額 9.90億円
交換公文(E/N)署名日 2010年(平成22年)3月5日
贈与契約(G/A)署名日 2010年(平成22年)3月19日
調達代理契約(A/A)日 平成22年4月27日
契約相手(調達代理契約) ネパール連邦民主共和国 連邦・地方開発省
プロジェクト概要 ネパールの中央地域の5郡(マホタリ郡、シンズリ郡、ラメチャップ郡、カブレパルトーク郡、シンドゥパルチョーク郡)の地方道路上の渡河地点に32本の橋梁を建設
JICSの役割 ネパール政府の調達代理機関として本プロジェクト推進に必要な役務の調達(現地施工会社、設計・施工監理コンサルタントの選定)や資金管理を含むプロジェクト監理を担当
調達内容 橋梁建設(現地施工会社、設計・施工監理コンサルタント)
プロジェクトの主な流れ/現状 2010年7月 :設計・施工監理コンサルタント(日本工営株式会社)と契約
2010年11月〜2011年2月:現地施工会社11社と契約
2010年11月〜 :橋梁建設工事開始
2013年6月〜 :橋梁の完成
(C) Copyright Japan International Cooperation System (JICS) All Rights Reserved.