JICS
Google

WWW を検索
www.jics.or.jpを検索
トップページ JICSについて 事業 無償資金協力関連事業 技術協力関連事業 有償資金協力関連事業 国際機関等の案件 広報事業 調達 実績 トピックス CSR活動 採用 リンク集
ラオス 環境プログラム無償 森林資源情報センターが完成し、プログラムが着々と進行中
TOP事業無償資金協力関連事業環境プログラム無償

ラオス地図へ

2011年12月27日

(写真)
完成した森林資源情報センター

(写真)
Vilayvanh PHOMKHE農業森林大臣によるスピーチ

 ラオスは、国土のほとんどが森林などに覆われた、日本の本州の面積とほぼ等しい面積24万平方qほどの内陸国です。同国政府は、近年、減少傾向にある森林率を2020年までに70%まで回復する計画を策定するとともに、「途上国の森林減少・劣化に由来する排出の削減(Reducing Emissions from Deforestation and Forest Degradation in Developing Countries:REDD)」の実施に向け準備を進めています。REDDの実施には、精度の高い森林資源情報が必要不可欠であり、森林資源情報の整備・管理体制の構築のため、日本政府は環境プログラム無償「森林資源情報センター整備計画」により支援を実施しています。

 このプログラムでは、ラオス国内の森林資源情報の収集・分析の拠点となるセンターの建設と、衛生画像処理に必要な森林資源の情報収集・分析用機材(パソコン等)の調達に加え、林野局の調査・分析能力向上のため、研修等の技術支援を行っており、JICSは同国の農業森林省林野局(Department of Forestry:DOF)の調達代理機関として、援助資金の管理、プログラム全体のマネジメントおよび機材・サービスの調達を担当しています。

 2010年7月よりJICSは施設および関連機材の調達手続きを進めており、調達した機材は順次、納入され、林野局職員向けの技術支援に役立てられています。また、2011年9月には寄棟造りの伝統的なデザインながら内部に最新のデータ処理機材を設置した、待望の森林資源情報センターが完成し、同年12月6日には、森林管理に携わる多数の職員・関係者が見守るなか、開所式が開催されました。今後、同センターを拠点に、森林資源情報の適切な管理が実施され、森林率の回復への取り組みが一層進むことが期待されます。

(写真)
横田在ラオス日本大使やVilayvanh PHOMKHEラオス農業森林大臣によるテープカット
(2011.12.6開所式)

プロジェクト情報
案件名 森林資源情報センター整備計画
交換公文署名日 2010年3月4日
供与(E/N)額 4.75億円
調達代理契約 2010年4月29日
契約相手 ラオス農業森林省林野局
実施機関 ラオス農業森林省林野局
プロジェクト概要 森林資源情報センターの建設、衛星画像処理に必要なパソコン等の機材の供与、及び森林調査や研修等の技術支援
JICSの役割 本プロジェクトの調達代理機関として、必要な機材・サービスの調達および資金管理を含む案件全体の監理を実施
(C) Copyright Japan International Cooperation System(JICS)2005 All Rights Reserved 
お問い合せ Englishサイトマップ 文字表示標準 文字表示縮小 文字表示拡大