JICSは国連開発計画(UNDP)よりイラク電力セクター向けプロジェクトの契約管理支援業務を受託しました

2016年7月14日

 JICSは円借款を利用して実施されているイラク電力セクター向けプロジェクト“Provision of consultancy services to support UNDP'S contract management of electricity infrastructure projects in Iraq”に関する契約管理支援業務を国連開発計画(UNDP)より受託しました。本業務はADEA Power Consulting Pty Ltd.(アデアパワーコンサルティング社)との共同企業体でプロポーザルにより受託したもので、今後、プロジェクト全体の進捗管理支援、施工監理、機材納入管理、支払管理、イラクのクルド地域電力省のキャパシティービルディングなどを実施する予定です。

 業務実施に先立ち、2016年6月にイラク共和国クルド地域電力省計画局アサド・アブラドゥラ・ムハンマド局長をはじめとした関係者がJICS本部で協議を行いました。その際に撮影した写真をご紹介いたします。

(写真)
左からJICS 仲谷 徹代表理事、イラク共和国クルド地域電力省計画局 アサド・アブラドゥラ・ムハンマド局長、アデアパワーコンサルティング社 アミール・サヒノビック社長
(C) Copyright Japan International Cooperation System (JICS) All Rights Reserved.